電子マネー

東海道・山陽新幹線、SuicaやPASMO等の交通系ICカードで乗車できる「スマートEX」サービスを開始

東海道・山陽新幹線では、2017年9月30日(土)より、新しい予約&チケットレス乗車サービス「スマートEX」を開始する。

スマートEXは、年会費無料のサービスで、専用のクレジットカードやICカードの作成は不要で、窓口に並ばずに新幹線をネット予約し、チケットレスで乗車することが可能となる。対応する交通系ICカードは、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。チケットは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubで購入することが可能だ。

東京-新大阪間の場合、片道の通常料金は14,450円となるがスマートEXサービスの場合は通常期で14,250円の会員価格で購入ができる。閑散期の場合は通常期から200円引き、繁忙期の場合は通常期より200円増しでの料金設定となる。

なお、年会費1,000円(税抜)のエクスプレス予約(従来のプラスEXはエクスプレス予約に統合)の場合は、会員価格での購入が可能だが、専用のICカードが発行される。東京-新大阪間の場合、片道13,370円となり、通常料金から1,080円の割引となり、スマートEXサービスよりも割引率は高い。

2017年9月より、プラスEXがエクスプレス予約に統合 

2017年9月2日(土)より、「プラスEX」のサービスが「エクスプレス予約」に統合される。サービス設定区間が新大阪?博多も利用可能となり、東海道・山陽新幹線の利用が可能となる。 エクスプレス予約と同じ ...

続きを見る

スマートEXサービスの開始を記念し、2017年9月30日(土)から11月30日(木) 23:30までの間、スマートEXを利用し、かつアンケートに回答すると、オリジナルグッズを抽選でプレゼントするキャンペーンも実施する。賞品は、500名にN700Aダイキャスト、500名にICカードケースとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース