コラム 共通ポイント 電子マネー

ファミリーマートやサークルK・サンクスでモバイルTカードの利用が可能に モバイルTカードを使えるアプリ・お店は?

2017年8月15日(火)より、ファミリーマート、サークルK・サンクスでのモバイルTカードの利用が可能となった。

モバイルTカード対応のアプリをインストールし、ファミリーマートやサークルK・サンクスでバーコードを提示すると、Tカードのかわりとなるサービスだ。

モバイルTカードとは?

モバイルTカードは、バーコードタイプとかざすタイプの2種類存在する。かざすタイプの場合、おサイフケータイ対応端末でしか利用できず、対応店舗も少ない。対応店舗では、モバイルTカードを設定した端末をかざすだけでTポイントを貯めたり・使うことが可能となる。

一方、バーコードタイプの場合は、おサイフケータイに対応していないiPhoneなどでも利用でき、対応店舗も増えている。対象店舗では、モバイルTカードに表示されるバーコードを提示し、スキャンしてもらうことでTポイントを貯めたり・使うことが可能となる。

モバイルTカード対応アプリは?

モバイルTカードを使うには、アプリのインストールが必要だ。モバイルTカード対応アプリは以下の通り(2017年8月15日時点)。

  • Tポイントアプリ
  • TSUTAYAアプリ
  • ガストアプリ
  • ファミリーマートアプリ
  • ウエルシア・HACアプリ×Tポイント
  • DRUGユタカアプリ×Tポイント
  • スマホサイフ

どのアプリでもモバイルTカードとして利用することが可能だ。ファミマTカードを登録している場合は、どのモバイルTカードでも「カードの日」などに対応することもできる。筆者はポイントカードをまとめるアプリのスマホサイフを活用中だ。

モバイルTカードを利用できる店舗は?

2017年8月15日時点では、ファミリーマート、サークルK・サンクス、TSUTAYA、蔦屋書店、ガスト、バーミヤン、夢庵、グラッチェガーデンズ、藍屋、ステーキガスト、ジョナサン、しゃぶ葉、ドラッグユタカ、ウエルシア、ハックドラッグ、ウエルシア ダックス、マルエドラッグ、B.B.ON、洋服の青山、THE SUIT COMPANY、NEXT BLUEとなる。

利用店舗も大幅に増え、ファミリーマートやサークルK・サンクスに行くときでもTカードを持ち歩く必要が無くなった。電子マネーが利用できる店舗の場合、モバイル端末1台を持っていけば、ポイント獲得から決済まで可能となる。今後も、バーコードタイプのモバイルTカード利用店舗は増えていくだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント, 電子マネー
-, , , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース