クレジットカード特集 コラム

ロッテ免税店で最大10%OFFになるVIP SILVERカードを半額で取得できるクレジットカードとは? 最大15%OFFになるVIP GOLDカードを獲得できるカードも

2017年7月6日

ロッテ免税店では2年間の購入金額によりVIPカードの発行を行っている。VIPシルバーは2年以内に400米ドル以上、VIPゴールドは2年以内に4,000米ドル以上または、VIPシルバーカード発行後5年以内に4,000米ドル以上で発行可能なカードだ。

VIPシルバーの場合は最大10%割引、VIPゴールドの場合は最大15%割引となり、かなりの優遇がある。

VIPカードは、ロッテ免税店であればどこでも利用が可能となっている。今回はVIPカードを効率よく取得する方法を紹介したい。

ロッテ免税店銀座で出発前に購入しよう!

銀座の東急プラザ8階・9階にあるロッテ免税店では、海外旅行に出かける前に事前に購入することが可能だ。もちろん、免税店での購入となるため、そのまま商品を持って帰ることはできない。事前に購入し、出国審査後に受け取るという仕組みとなる。

正直、あまりメリットがないように思えたが、このような使い方が多いようだ。

旦那さんの海外出張前に夫婦で買い物し、帰国した時に奥さんに渡す。

つまり、海外出張で使わないようなお土産を買ってきてもらうよりも、事前に一緒に選んで、奥さんの好きな物を買っておくという使い方だ。

事前購入は、出発30日前から可能となり、航空券(eチケットの控えなど)とパスポートを持っていくと免税手続きが可能となっている。

ロッテ免税店銀座でVIPシルバーカードを発行できる提携カードとは?

ロッテ免税店銀座では、提携しているカードが存在する。提携カードを持っていくとVIPシルバーカードを手に入れ、さらに2万円以上の購入で1,000円分のチケットをもらうことができる。

このVIPシルバーカードを手に入れられるカードとして、先日To Me CARDが提携を発表したが、それ以外でも意外と多い。

To Me CARD、ロッテ免税店銀座と提携 VIPシルバーカードの発行も

To Me CARDは、2017年7月3日(月)よりロッテ免税店銀座と提携し、新たなサービスを開始した。 To Me CARDとパスポートをロッテ免税店銀座で提示すると、VIPシルバーカードの即時発行 ...

続きを見る

To Me CARDに加え、ビューカード、セゾンカード、UCカード、東急カード、Yahoo! JAPANカードとなる。

9階のギフトデスクに提携カードを持っていくと、用紙を記入するだけで、その場でVIPシルバーカードの発行をしてもらうことが可能だ。

また、全て2万円以上の購入で、1,000円分のギフト券がプレゼントとなり、別々のカードで決済すると、別々の1,000円のギフト券をもらうことも可能となっている。

ロッテ免税店銀座でVIPゴールドカードを発行できる提携カードとは?

提携カード一覧には出ていないが、一度紹介したCLASS ONEで航空券などを購入した場合、即時でVIPゴールドカードの発行も可能となる。

ビジネスクラス・ファーストクラス海外旅行専門店「CLASS ONE」に行ってみた

目次1 ラウンジは空いているため快適!2 基本的にはパッケージツアー3 CLASS ONEで航空券だけの手配では?4 別途ホテルの手配を行う ダイナースクラブ プレミアムカードやラグジュアリーカードを ...

続きを見る

CLASS ONEは入会時には審査が必要だが、無条件で入会できるカードも存在する。以前紹介したように、ダイナースクラブ プレミアムカードとラグジュアリーカードだ。

オーダーメード旅行をプランニングするCLASS ONE(クラスワン)メンバーを維持するクレジットカードとは?

目次1 CLASS ONEとは?2 特典1:専任コンシェルジュ3 特典2:空港駐車場サービス4 特典3:MKタクシー空港送迎優待サービス5 カードの方がおトクな特典1:手荷物無料宅配サービス6 カード ...

続きを見る

これらのカードを保有していると、CLASS ONEに無条件入会でき、CLASS ONEで航空券などを購入すると、提携カードを提示して獲得できるVIPシルバーカードと同じようにVIPゴールドカードを入手することが可能だ。

もう一つVIPゴールドカードを入手する方法がウェディングとなる。挙式日または入籍日から前後30日以内の新郎新婦が、結婚式招待状や挙式予定日が明記された書類などをロッテ免税店銀座の9階ギフトデスクに持っていくとVIPゴールドカードが発行される。なお、2017年3月24日(金)から12月31日(日)までのキャンペーンとなる。


旅行や出張前に免税店で買い物をする場合、提携カードを確認しておくと、5?15%OFFで購入することも可能となる。

8%の税金がかからず、さらに割引特典も利用できるため、事前購入もおススメだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース