You Are Here: Home » コラム » iPhoneの購入時にAppleCare+やキャリアの保証を付けるべき? それぞれの違いやキャリアごとの違いを検証

iPhoneの購入時にAppleCare+やキャリアの保証を付けるべき? それぞれの違いやキャリアごとの違いを検証

iPhoneの購入時にAppleCare+やキャリアの保証を付けるべき? それぞれの違いやキャリアごとの違いを検証

iPhone 7の画面割れで調べ始めた保証サービス。

クレジットカードのショッピング保険は前回書いたが、せっかくなのでAppleの保証とキャリア保証についても紹介したい。

AppleCareとAppleCare+の違いは?

筆者はiPhone 4からiPhone 5、iPhone 6、iPhone 7と購入してきているが、iPhone 7の画面が割れるまでAppleCare(Apple製品一年限定保証)とAppleCare+の違いすら知らなかった。

まず、AppleCareについてだが、AppleCareとはApple製品を購入していると付帯する保証となり、全ての製品は1年間の保証と、90日間のサポートを受けることができる。

ただし、iPhoneの画面割れについては、1年間の保証(AppleCare)の対象外。

この画面割れの保証を受けるには、AppleCare+に加入する必要がある。

AppleCare+は、1年間の保証が2年に延長し、90日間のサポートも2年間に延長する。2年間での支払総額は14,800円(税抜)となり、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアで加入することも可能だ。

AppleCareとAppleCare+での画面修理の金額的な違いは?

AppleCareは画面割れは対象外、AppleCare+加入でも画面割れは無料で修理はできない。

画面割れの場合は1回あたり3,400円(税抜)、その他の支払いは11,800円(税抜)の支払いとなり、AppleCare+に加入してから2年間で2回まで利用可能だ。

2年間の間に画面割れが無かった場合、1回あった場合、2回あった場合についてAppleCare+加入と未加入で計算すると以下のようになる。

画面割れ回数 0回 1回 2回 合計
AppleCare+未加入 0円
14,800円(税抜) 14,800円(税抜)
14,800円(税抜) 14,800円(税抜) 29,600円(税抜)
AppleCare+加入 14,800円(税抜) 14,800円(税抜)
14,800円(税抜) 3,400円(税抜) 18,200円(税抜)
14,800円(税抜) 3,400円(税抜) 3,400円(税抜) 21,600円(税抜)

上記表を見ても分かるように、画面割れが2回あった場合にAppleCare+に加入していたほうが良いということだ。

もちろん、画面割れ以外の保証もあるのがAppleCare+だが、iPhone 7になってから防水機能もあるため、水没ということも少なくなってきているのではないだろうか。

従って、新しいiPhoneに買い換える時でも、AppleCare+に加入するかは微妙なところだろう。

キャリア保証との違いは?

AppleCare+はAppleの保証となるが、これとは別にキャリアの保証サービスもある。ドコモの場合は「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」、auは「auスマートパス 修理代金サポート(iPhone/iPad)」、ソフトバンクは「あんしん保証パック(i)プラス」となる。

iPhone 7/iPhone 7 Plusの補償
キャリア 保証名称 月額 補償額
ドコモ ケータイ補償サービス for iPhone & iPad 750円(税抜) 1年間に2回まで最大11,000円(税抜)
au auスマートパス 修理代金サポート(iPhone/iPad) 372円(税抜) 修理代金を最大10,000円(税込)を2年間に2回まで
ソフトバンク あんしん保証パック(i)プラス 750円(税抜) 修理代金(税抜)の80%以上を月々の利用料金から割引

AppleCare+とキャリア保証はそれぞれ同時に加入することができる。例えば、AppleCare+とauスマートパスに加入している場合、画面割れでAppleCare+加入のために3,672円(税込)で修理が可能だ。

次に、auスマートパスに加入している場合は、3,672円がお見舞金として支払われるため、実質無料で画面修理が出来るようになる。

auスマートパスが断トツで安いが、これにはワケがある。修理代金サポートとあるように、修理に特化した保証となる。従って、紛失・盗難の保証がないのだ。盗難・紛失までカバーする場合は「紛失補償オプション(i)」があり、月額752円(初回のみ1,123円)が必要となる。

保証サービスでキャリアを選ぶことは無いとは思うが、意外と各社で違いが出てくる所のため、キャリアを乗り換える場合などは速度・料金だけでなく、保証サービスを見ておくのも良いのではないだろうか。

AppleCare+もキャリア保証もそれなりに月額料金が高く、同時加入の場合は1,000円程度の負担となる。

保護フィルム、保護ケースは購入するとして、上記保証サービスとクレジットカードのショッピング保険を考えて、どの保証サービスに加入するかを考えて欲しい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 917

© 2013 ポイ探

Scroll to top