You Are Here: Home » 電子マネー » 飛?信用組合、電子地域通貨のプラットフォーム「さるぼぼコイン」の実証実験を開始

飛?信用組合、電子地域通貨のプラットフォーム「さるぼぼコイン」の実証実験を開始

飛騨信用組合とアイリッジは、2017年5月15日(月)から3ヶ月間、スマートフォンアプリを活用した、電子地域通貨のプラットフォーム「さるぼぼコイン」の実証実験を開始した。

さるぼぼコインは、スマートフォンアプリ上で利用できる電子マネーで、飛騨・高山エリアを中心に地域限定で利用な通貨となる。

実証実験の対象者は、飛騨信用組合の職員となり、イータウン飛騨高山、でこなる横丁、やんちゃ屋台村で利用可能だ。

支払いは、スマートフォンにインストールしたさるぼぼコインを起動し、支払うをタップ。暗証番号を入力後に店舗のQRコードを読み込む。支払金額を入力し、支払先・支払いコインをスタッフに提示し、確定ボタンをタップすると支払いが完了する。

2017年秋頃に本格開始を目指す。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6536

© 2013 ポイ探

Scroll to top