クレジットカード 電子マネー

Airペイ、iDとQUICPayに対応 Apple Payでのクレジットカード払いも可能に

リクルートペイメントは、カードや電子マネー決済ができる「Airペイ」で、2017年4月3日(月)より、iDとQUICPayの申込受付を開始したと発表した。

Airペイは、主要国際ブランド6種のクレジットカードと、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー9種を利用できる、iPhon・iPad向けの決済端末となり、2017年4月3日(月)からiDとQUICPayの受付を開始した。

iDとQUICPayの対応により、2017年夏頃からはApple Payでのクレジットカード決済も可能だ。なお、iD、QUICPayの手数料は3.74%と、クレジットカードのJCBやDiners Clubと同じ料率となる。

種別 対応ブランド 決済手数料 初期・月額費用
クレジットカード Visa、Mastercard、American Express 3.24% 0円
JCB、Diners Club、Discover 3.74%
電子マネー Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん 3.24%
iD、QUICPay 3.74%
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース