You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 「JALカード TOKYU POINT ClubQ」PASMOオートチャージマイル積算終了の影響を確認しよう

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」PASMOオートチャージマイル積算終了の影響を確認しよう

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」PASMOオートチャージマイル積算終了の影響を確認しよう

年明け早々衝撃的なニュースが飛び込んできた。

JALカード TOKYU POINT ClubQ、PASMOオートチャージサービスでマイル積算が終了だ。

JALカード ショッピングマイル・プレミアムに入会しているとPASMOオートチャージ100円ごとに1マイル積算されていたが、2017年4月1日(土)から200円ごとに1東急ポイント(TOKYU POINT)付与に変更となる。

筆者はメインのクレジットカードとしてJALカード TOKYU POINT ClubQ(以下JAL東急カード)、メインの電子マネーとして紐づけしたPASMOを利用しJALマイルを積算していたので、このルール改定は見逃すことが出来ない。

マイル付与率が2017年4月から1/4に

筆者は2016年に210,000円のPASMOオートチャージを行っていた。

2017年3月末まで 2017年4月以降
JALマイル 2,100マイル
東急ポイント 1,050ポイント

東急ポイントは、2ポイントでJAL 1マイルに交換できるため、交換するとJAL 525マイルとなる。

つまり、2017年4月以降は今までの25%しかマイルが得られなくなる。

別カードに切り替えを検討

筆者はサブとして「アトレビューSuicaカード」を利用している。また、JALカードにも「JALカードSuica」という、Viewカード提携のものもある。

そこで東急とViewカードの組み合わせで、どのようにポイントが変化していくのかをシミュレーションする。

カード比較で確認するポイント

確認の際は、カードを変更することでポイント付与や交換ルートに変化がある個所に焦点を当てよう。

筆者の場合、東急グループでの買物が年間310,000円であった。現金用カード、JMB機能付きカード、JAL東急カードという選択肢があり、JAL東急カードはショッピングマイル・プレミアムで年会費と付与マイルが変化する。

カードパターン JALマイル 東急ポイント 年会費
現金カード 0マイル 1,160ポイント 0円
JMB機能付き東急カード 0マイル 6,300ポイント 1,080円
JAL東急カード 1,564マイル 3,178ポイント 2,160円
JAL東急カード+ショッピングマイル・プレミアム 3,127マイル 3,178ポイント 5,400円

更に、現金カード以外は2東急ポイントが1 JALマイルに交換可能である。

アトレビューSuicaカードの場合、現金カードであるJRE POINTカードにするとビューサンクスポイントの付与がなくなり、アトレの決済でのJREポイント付与率が変わる。アトレで年間24,000円買物をした実績からシミュレーションを行うと下記の通りになる。

カードパターン JREポイント ビューサンクスポイント 年会費
JRE POINTカード 622ポイント 0ポイント 0円
アトレビューSuicaカード 1,763ポイント 46ポイント 515円

カード比較は単位を合わせて

ここまでの表には、JALマイルやビューサンクスポイントといった1ポイント=1円ではないポイントが入っている。これを、最終的なポイントの使い道から1ポイントあたりの価値を算出し、同一の単位に統一することで初めて、カードの価値を比較することが出来る。

その後、ショッピングマイル・プレミアムについてJAL東急のみ・JALカードSuicaのみ・2枚とも加入の3パターンでの比較を行い、下記の通りの組み合わせに変更することに決めた。

  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aカード+ショッピングマイル・プレミアム(CLUB-Aゴールドから変更)
  • JALカードSuica+ショッピングマイル・プレミアム(新規)
  • JRE POINTカード(アトレビューSuicaカード解約)

電子マネーの利用ルール

合わせて、新ポイント付与率を計算して比較して電子マネーの優先順位も変更した。

電子マネー利用時は、200円以上の決済はWAON、200円以下の決済やWAONが利用できない場合はSuicaを利用することとする。

当初、ToKoPoが付与される都バスや都営地下鉄、ポイントサービスの多い東急電鉄利用の際はPASMOを利用した方が良いのではと思っていたが、チャージ時でのポイント付与の差が大きく、Suica利用に分があった。

今回のポイント付与ルール変更により、筆者はカード3枚の切り替えと、電子マネーの使い方を大きく変えることとなる。

該当カード所持者は、得られるポイントにどのような変化があるか、是非確認を行ってほしい。

About The Author

ヒロセマリ

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

Number of Entries : 60

© 2013 ポイ探

Scroll to top