You Are Here: Home » コラム » 楽天銀行プリペイドカード(JCB)にチャージ・使ってみた 楽天銀行プリペイドカード(JCB)は必要?

楽天銀行プリペイドカード(JCB)にチャージ・使ってみた 楽天銀行プリペイドカード(JCB)は必要?

楽天銀行プリペイドカード(JCB)にチャージ・使ってみた 楽天銀行プリペイドカード(JCB)は必要?

2017年1月16日(月)に楽天銀行がプリペイドカードを発行した。楽天銀行プリペイドカード(JCB)。発行開始日に申込んだ所、1月21日(土)に到着。約1週間程度で到着することがわかった。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)をJCB加盟店での利用時にポイント獲得は無いが、チャージ時に上乗せのバリューを獲得できるのが特徴だ。

例えば、通常5万円を楽天銀行プリペイドカード(JCB)にチャージした場合は1%増量でチャージされ、50,500円分利用することができるということだ。2017年2月15日(水)まではバリューが20%増量されるため、還元率は5万円チャージしたときの1.2%がマックスとなる。

チャージ金額 プレミアムバリュー キャンペーン時
(2017年2月15日(水)まで)
1,000?4,999円
5,000?9,999円 25円(0.25?0.5%) 30円(0.3?0.6%)
10,000?29,999円 70円(0.2333?0.70%) 84円(0.28?0.84%)
30,000?49,999円 240円(0.48?0.80%) 288円(0.576?0.96%)
50,000円以上 500円(?1.0%) 600円(?1.2%)

楽天銀行プリペイドカード(JCB)のチャージ方法は?

楽天銀行の口座からチャージすることが可能だ。楽天銀行のサイトにログインし、「カード・ATM」タブをクリックする。「楽天銀行プリペイドカード(JCB)」が表示されるため「プリペイドカードTOPページへ(チャージ/設定/利用明細)」をクリックするとプリペイドカードのページが表示される。

「チャージする」ボタンをタップすると、チャージ金額の入力ページが表示されるため、「50,000円」を選択した。1円単位で指定することもできるが、おトク度で考えると、選択画面の5,000円以上から選ぶのが良いだろう。

「確認する」をクリックすると、確認画面が表示され、現在の残高、チャージ後の残高などが表示される。今回は、キャンペーンということもあり、50,000円のチャージで50,600円分利用することが可能となる。

キャッシュカードの暗証番号を入力し、「チャージする」ボタンをクリックすると50,600円チャージされた。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)を使ってみる

早速、Amazonギフト券(チャージタイプ)で利用してみることにした。試す時に便利なのが、Amazonギフト券(チャージタイプ)だ。15円からプリペイドカードの残高を利用することが可能のため、筆者はプリペイドカードなどを利用チェックする時は、Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入している。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入した所、若干引き落としが遅く感じられたが、問題なく購入することができた。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)は成功する?

筆者は楽天銀行プリペイドカード(JCB)は伸び悩むのではないかと考えている。楽天カード、楽天銀行デビットカード(Visa、JCB)、楽天銀行プリペイドカード(JCB)を比較すると以下のようになる。

楽天カード 楽天銀行デビットカード(JCB) 楽天銀行デビットカード(Visa) 楽天銀行プリペイドカード(JCB)
年会費 無料 無料 1,029円(税込) 無料
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB JCB Visa JCB
対象者 18歳以上(高校生不可) 楽天銀行に個人普通預金口座を持っている16歳以上の方
審査 あり なし
支払方法 後払い 銀行口座から即時払い 事前チャージされたチャージ額からの即時払い
支払回数 1回/2回/分割/リボ/ボーナス 1回
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント
ポイント付与率 100円につき1P(1%) 100円につき1P(1%) 1,000円につき2P(0.2%) ?1.0%のバリュー上乗せ
ポイント/バリュー有効期限 獲得月を含めた1年(期間内に1回でも獲得があれば自動延長) バリューが最後に変動した日から13ヶ月
利用上限 設定された利用枠 自分で設定 30万円

まず、楽天カードは審査があり、年齢も18歳以上となっている。ただし、他のカードにはないMastercardブランドを選ぶことも可能だ。盗難補償などもついているのもクレジットカードの特徴のため、楽天銀行デビットカード(Visa、JCB)・楽天銀行プリペイドカード(JCB)とは対象者が被らない。

次に、デビットカード同士を比較する。Visaブランドは年会費がかかるが、JCBブランドは無料となっている。さらに、Visaブランドは還元率も悪いため、JCBブランドのほうがおススメだ。

最後に楽天銀行デビットカード(JCB)と楽天銀行プリペイドカード(JCB)を比較してみよう。最大の還元率で見た場合は、デビットカードもプリペイドカードも同じ1%還元となり、さらに対象者も同じ16歳以上の楽天銀行口座保有者だ。対象年齢も同じで、還元率は変わらないのであれば、キャッシュカード機能の付いた楽天銀行デビットカード(JCB)の方が良いだろう。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)は、チャージ時に上乗せ分のバリューがあるため、「ポイントを獲得したくない」という人には良いカードとなる。しかし、楽天銀行の口座を保有している利用者で、楽天スーパーポイントを使えていない利用者は少ないのではないだろうか。楽天スーパーポイントをきちんと消費できるような利用者であれば、楽天銀行プリペイドカード(JCB)を新たに発行するメリットは無い。

楽天銀行プリペイドカード(JCB)が伸びるとすると、1.申込の年齢を下げて、デビットカードと被らない対象者を作る、2.楽天銀行を保有していないユーザでP-oneカード<Standard>やMy Cloud プレミアム カードのようなキャッシュバックカードを利用している人を取り込む、というのが考えられるのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top