You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 海外でクレジットカードによるキャッシング vs 空港での両替 どちらがおトク?

海外でクレジットカードによるキャッシング vs 空港での両替 どちらがおトク?

海外でクレジットカードによるキャッシング vs 空港での両替 どちらがおトク?

グアムの旅行ではクレジットカードでのキャッシングを利用した。空港でキャッシングをする予定だったが、送迎サービスに気を取られている時にキャッシングするのを忘れてしまった。

今回利用した送迎サービスはチップ込みとのことだったため、すぐに現金が必要という事は無かったが、やはり現金はあったほうが良いだろう。

ホテル(アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート)近くのザ・プラザ内を散歩しながらATMを探す。ザ・プラザの方に歩いていくとATMを発見。ハワイ銀行のATMでキャッシングしようとしたが、「その取引はできません」というメッセージが表示される。

カードが良くないのかと思って、他のカードを入れても同じメッセージだ。どうも現金が入っていないようだ。

仕方がないので、他のATMを見つけるためにザ・プラザを歩いていると、JCBプラザ ラウンジ・グアムを発見。せっかくなので入室してATMの場所を聞いた所、1階下にもあると教えてもらった。

エスカレーターで下に降りると、確かにATMがあった。カードを入れてキャッシングのメニューをタップし、とりあえず200米ドルをキャッシング。全て20米ドル紙幣のため、ABCマートで水を買って1米ドル札を準備しておいた。

キャッシング枠は事前確認が必要

今回利用したクレジットカードは、JALカード TOKYU CARD ClubQとなる。様々なクレジットカードを保有しているが、多くのカードはキャッシング枠を”0″で申請している。そのため、キャッシング枠があるクレジットカードはそれほど保有していない。

保有カードがキャッシング可能かどうかはオンラインサービスにログインし、「利用可能額」を参照することでキャッシング可能枠を確認できる。

キャッシング枠欄が0円だったり、キャッシング可能枠の表示自体がない場合は、キャッシングできないクレジットカードとなる。その場合は、キャッシュパスポートやNEO MONEY等のプリペイドカードやSony Bank WALLETのようなVisaデビットカードなどを検討しよう。

キャッシングのほうが空港の両替よりも安いの?

今回利用したJALカード TOKYU CARD ClubQのwebサービス「DC Webサービス」にログインし、「ご利用代金明細照会(速報)」を確認する。確認した所、キャッシングをした日から5日程度で未請求確定分として上がってきた。利用額としては23,553円、請求額としては24,133円となる。つまり、580円分がキャッシング手数料ということだ。

続いて、空港での両替レートを確認しておくことを忘れたため、トラベレックスの過去のレートを調べると、キャッシングした日のレートは1米ドル=120.66円となる。200米ドルの両替をすると24,132円だ。

キャッシングが24,133円、両替が24,132円となると、ほぼ変わらない。これであれば空港で両替していたほうが安心だ。

しかし、キャッシングの場合は事前に返済することができる。カードデスクに電話で事前返済することを伝えると、返済日を聞かれる。返済日返済額を再計算してもらえる。再計算し直してもらった所、返済額は23,623円となった。請求額と表示されていた24,133円は50日程度キャッシングしている状態の金額となり、借入期間を短くすると手数料は大幅に下がることになる。

キャッシングが23,623円、両替が24,132円と509円ほどキャッシングのほうが安くなる。今回は200米ドルとそれほど多くキャッシングをしたわけではなく、金額が増えれば増えるほどキャッシング手数料と両替手数料の差が大きくなっていき、キャッシングのほうが安くなる。

米ドルのようなメジャーな通貨ではキャッシングのほうが断然おトク!というほどの差は出てこないが、マイナーな通貨になると、キャッシングと空港での両替では大きな違いが出てくる。保有しているクレジットカードがキャッシング可能なカードなのか、海外ATMでどのようにキャッシングするのかを事前に確認しておくことをおススメする。

振込には住信SBIネット銀行+SBIゴールドカードが最強

事前返済する場合は、指定された口座に指定金額を振込む必要がある。今回指定されたのは三菱東京UFJ銀行の口座だ。振込時には振込依頼人名の後ろにクレジットカード番号を入るだけ入れて欲しいと言われた。

ここで便利なのが住信SBIネット銀行だ。住信SBIネット銀行は振込人名義を編集することができ、カード番号や会員番号などを追記することが可能となっている。指定されたように、名前の後ろにカード番号を追記して振り込んだ。

さらに、年会費2,500円(税抜)のSBIゴールドカードを保有し、決済口座を住信SBIネット銀行にしておくだけで、他行あての振込無料回数が一気に増える。全く取引がない場合でも1ヶ月に7回は無料で振込むことができ、ある程度取引がある場合は15回無料となる。

毎月数件の振込がある場合は、住信SBIネット銀行+SBIゴールドカードの組み合わせも検討しよう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 961

© 2013 ポイ探

Scroll to top