クレジットカード特集 コラム ゴールドカード プラチナカード 共通ポイント

楽天トラベルの海外ホテルの予約・宿泊でポイント5%還元 さらに楽天ブラックカードのポイント2%還元で予約してみた

2016年12月22日

2016年9月から、楽天トラベルでは海外ホテルの予約でポイントが5%還元になる特典を開始した。今回のグアム旅行では、この楽天トラベルの海外ポイント5%還元と楽天ブラックカードでのポイント2%還元の7%ポイント還元を使ってみたので紹介したい。

ホテルの料金はそれほど変わらない?

最低価格保証、ベストレート保証などという旅行予約サイトが多くなっているが、実際に検索してみると、実はそれほど料金は変わらないことが多い。

さらに、最低価格保証と言っても、なかなか条件が厳しく、もっと安いところがあったとしても、条件に当てはまらなければ返金の対象外となる。

それほど金額が変わらないのであれば、ポイント還元率の高いサイトで予約するのがおトクであることが多い。これが正しいのかを検証してみよう。

楽天トラベルのポイント5%還元はおトクなの?

今回の宿泊施設は立地条件の良いアウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート(OUTRIGGER GUAM BEACH RESORT)に決定した。楽天トラベルラウンジやJCBプラザの利用がしやすく、さらに楽天ブラックカード、楽天プレミアムカードやMUFGカードなどのトラベルデスクも近くにあり、空港からも近いという点で選んでいる。

部屋のタイプはパーシャル・オーシャンビュー、オーシャンビュー、オーシャンビューデラックス、オーシャンフロント、ステュディオ・オーシャンビュー、ステュディオ・オーシャンビュー・デラックス、ステュディオ・オーシャンフロント、1ベッドルーム・オーシャンビュー、1ベッドルーム・オーシャンフロントがあり、19階以上の部屋の場合は、ボエジャー47・クラブラウンジを利用できる。

子供を含めて比較すると、サイトによってはヒットしない場合もあるため、大人2人で2017年3月18日(土)から2泊(3連休)で検索することにした。楽天トラベルの場合は、様々なプランが用意されているため、シンプルステイプランでの比較とした。また、楽天トラベルでは、米ドルでの表記となっているため、現時点での為替レート1米ドル=118.2円で計算する。なお、宿泊料金は執筆時点のものとなり、日々変動しているので金額が異なる場合もあるため注意して欲しい。

楽天トラベル、じゃらんnet、エクスペディアで検索し、同じルームタイプがある場合のみを比較対象とした。オーシャンビューデラックス、ボエジャーズクラブオーシャンビュー、1ベッドルーム・オーシャンビュー(楽天トラベルの場合は1ベッドルームオーシャンビュースイートの表記)の3タイプの金額を全て調べた。

■オーシャンビューデラックス

楽天トラベル じゃらんnet エクスペディア
料金(税・サ込) 664米ドル
(=78,485円相当)
78,526円 78,526円
ポイント 3,532楽天スーパーポイント 1,414 Pontaポイント 1,047 Expedia+ポイント
(=869円相当)
実質 74,953円 77,112円 77,657円

■ボエジャーズクラブオーシャンビュー

楽天トラベル じゃらんnet エクスペディア
料金(税・サ込) 797米ドル
(=94,205円相当)
94,284円 94,284円
ポイント 4,242楽天スーパーポイント 1,698 Pontaポイント 1,257 Expedia+ポイント
(=1,043円相当)
実質 89,963円 92,586円 93,241円

■1ベッドルーム・オーシャンビュー

楽天トラベル じゃらんnet エクスペディア
料金(税・サ込) 997米ドル
(117,845円相当)
133,678円 133,678円
ポイント 5,306楽天スーパーポイント 2,408 Pontaポイント 1,782 Expedia+ポイント
(=1,479円相当)
実質 112,539円 131,270円 132,199円

じゃらんnetとエクスペディアの料金はどの部屋タイプでも同じ金額となる。獲得ポイント分を考えると、じゃらんnetで予約したほうがおトクだろう。

楽天トラベルの場合は、実際の予約画面では11%の税金が含まれていないため、11%の税金を加算した金額で算出している。

オーシャンビューデラックス、ボエジャーズクラブオーシャンビューでは、楽天トラベルもじゃらんnetやエクスペディアとほぼ変わらない。為替が少し円安になれば逆に楽天トラベルのほうが高くなる。しかし、獲得できる楽天スーパーポイントが5%のため、チェックアウト当日の為替レートが122円程度まで円安にならない限り、実質の料金は楽天トラベルが最安値となる。

また、1ベッドルーム・オーシャンビューの場合は、楽天トラベルが元々安いが、さらにポイント分を考えると2万円程度の違いが出てくる。

では、楽天トラベルのほうが安いのであれば、最低価格保証を謳っているエクスペディアで予約して、差額の2倍の返金を求めるのはどうだろうか。エクスペディアの価格保証の規約を見ると、次のように書かれている

お客様が弊社のカスタマー サービス担当者にご連絡いただく時点で、料金は日本円で見積もられ、日本円で予約、支払いが可能である必要があります(通貨変換機能を利用して変換された金額は 価格保証の対象とみなされません)。

つまり、楽天トラベルは米ドルでの予約となるため、返金の対象外ということだ。最低価格保証やベストレート保証と大きく書かれているからと言って安心しないほうが良いだろう。宿泊予約の場合はきちんと比較することをおススメする。

楽天ブラックカードや楽天プレミアムカード(トラベルコース)は楽天トラベルでポイント2倍!

今回、決済に利用したのは楽天ブラックカードだ。楽天ブラックカードには楽天トラベルでの利用分についてはポイントが2倍になる特典が付いている。つまり、楽天ブラックカードで支払えば2%の楽天スーパーポイントを獲得でき、海外ホテルの予約で5%の楽天スーパーポイントを獲得できるため、7%の楽天スーパーポイントを獲得できることになる。

この楽天トラベルでのポイント2倍については、楽天ブラックカードだけでなく、楽天プレミアムカードでも利用することができる。ただし、楽天プレミアムカードの場合は「トラベルコース」を申し込んでいる場合に限られるため注意が必要だ。

もし、楽天プレミアムカードを保有しているのにトラベルコースを選んでいなかった場合は、トラベルコースへの変更をすることも可能となる。ただし、一度他のコースを選択してから、半年経たなければコース変更はできない。

楽天プレミアムカードは海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスも付帯するため、旅行好きには非常におトクなカードだ。

次回は、楽天プレミアムカードのトラベルコースでも利用可能な国際線手荷物無料宅配サービスについて紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, プラチナカード, 共通ポイント
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース