コラム 共通ポイント

Amazon Goの登場でポイントカードはどうなる?

2016年12月5日(月)にAmazon.comが「Amazon Go」を発表した。文字で説明するより、動画を見たほうが早いので動画を見て欲しい。

店舗で最初にスマートフォンをゲートにかざす。その後、店舗で商品を買い物袋に入れゲートを通るだけ。レジに並ばずに買物が可能となる。店舗で万引きもなくなるだろう。

アメリカでは2017年にシアトルで1号店がオープンするという。しかし、日本で運用されるのはまだまだ先になるだろう。まず、日本での現金決済率が74%(2012年時点)と高すぎる。ただし、プリペイドカードまたはデビットカードが普及することで解消される可能性もある。2020年には東京五輪もあるため、クレジットカードやプリペイドカードが利用できる店舗も増えていくはずだ。

次に、動画を見る限りでは、ゲートを通った後にレシートが送られるが、レシートを見て「ちょっと高いな」と思う場合もあるだろう。通常のレジの場合は、合計金額を見て「じゃあ、これを買うのをやめよう」という事ができるが、現時点でのAmazon Goでこれができるのかが疑問だ。商品の合計金額がゲート前で分かる、またはリアルタイムにスマホで確認できると良いのではないだろうか。

日本ではまだまだ導入は先になるだろうが、開始すればすぐにでも使ってみたいサービスであることは間違いない。

ここで日本のポイントカードがどうなるのかを考えてみた。

日本の場合はゲートでかざすのがポイントカードになるかもしれない。スマートフォンに表示されたポイントカードのバーコードをゲートにタッチ。買物後は自動的にポイントが付与される。さらに、関連付けられたクレジットカードで引き落とされるという仕組みとなる。

店内での買物情報を処理するのが一番難しいだろうが、ポイントカードと決済だけを考えると比較的簡単に開発できるのは楽天ではないだろうか。楽天ポイントカードはアプリ対応、さらに、楽天ペイが開始し、スマートフォンだけで購入することが可能だ。もし、店内のユーザーに割引クーポンを送るなどの機能を付けるのであれば、楽天チェックの技術が使える。

共通ポイントが参入できていない業種はスーパーマーケット。Amazon Goの機能とポイントカード機能を一括して導入できればスーパーマーケットも攻略できるかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース