クレジットカード特集 コラム ゴールドカード プラチナカード 一般カード

楽天ゴールドカード、楽天カード・楽天プレミアムカードとの最大の違いとは?

2016年9月1日(木)より、楽天ゴールドカードが登場し、楽天カード・楽天プレミアムカードの違いがわからない方もいるのではないだろうか。

年会費2,000円(税抜)で、楽天カードの特典に加えて、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が+1%、主要国内空港ラウンジが利用できるカードが「楽天ゴールドカード」と考えれば良い。問い合わせ先が「楽天プレミアムカードデスク」が利用できる、利用可能枠が増えるなどの違いもあるが、それほど大きな違いではない。

楽天ゴールドカードの登場で、楽天プレミアムカードの特典も追加となった。1年間「楽天プレミアム」を無料で利用できる特典となり、既存カードホルダーでも順次特典の利用が可能となる。1ヶ月無料お試しの場合は、自動継続となり自動的に年会費が発生するが、楽天プレミアムカード会員の特典の場合は自動解約となる。特典終了時に判断できるというのもメリットだ。

それぞれの特典を比較すると、以下の様な表になる。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費(本会員) 無料 2,000円(税抜) 10,000円(税抜)
年会費(家族会員) 無料 500円(税抜) 5,000円(税抜)
利用可能枠 100万円 200万円 300万円
SPU(スーパーポイントアッププログラム) 4% 5% 5%
誕生日月(楽天市場コース選択時) +1%
楽天プレミアム 1年間無料
主要国内空港ラウンジ
プライオリティ・パス
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円
問い合わせ先 一般 楽天プレミアムカードデスク 楽天プレミアムカードデスク

特典の違いはわかっていただけただろう。

最後に、カード券面を紹介したい。左から楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードとなる。

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード

当然、「色」は違うが、注目は楽天のロゴだ。楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードは「楽(R)天」の漢字表記だが、楽天ゴールドカードは「(R)Rakuten」とローマ字表記となっている。

現時点で「(R)Rakuten」表記が使われているカードは「楽天ANAマイレージクラブカード」と「楽天ゴールドカード」のみとなる。どちらも新しいカードのため、今後は他のカードもローマ字表記のロゴとなっていくのだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, プラチナカード, 一般カード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース