コラム テクニック

190サイトそれぞれに強固なパスワードを設定する私のすごい方法を公開!

筆者は日ごろ利用している190サイトのパスワードを別個に、しかも各サイトの上限桁数で、文字・数字・記号・大文字・小文字を最大限利用した意味を持たない文字列として作成している。

ポイ探ニュースにもショッキングな記事が掲載されているように、1万円以上のポイントを不正に利用されたとしても、現行の法律では被害届を出すことすらできず泣き寝入りとなる可能性が高い。

今回は他人事ではないポイントの不正利用への筆者の対策について紹介する。

ウィルスソフトを買う費用で、サイトの安全も手に入れる

先ほどの厳重なパスワードの管理・作成はマカフィーの「True Key」という商品を利用している。リニューアル前のソフト「safe key」も含めると、利用して2年近くになる。

パソコンに加えて、タブレットとスマートフォンを購入する際に、従来の台数ごとに費用が発生するセキュリティソフトから乗り換えた際に、付属でついてきたことがきっかけで利用したところ、このソフトから離れられなくなりセキュリティソフトの契約更新を行った。

True Keyとは複数のサイトのID・パスワードの管理、並びに強固なパスワードが生成できるソフトである。

IE・Chrome・Firefox・Safariなどのブラウザに連携し、ID、パスワードを入力するページに移動すると確認ポップアップが表示され、入力したIDとパスワードが登録できる。

2回目以降はサイトに移動するとID、パスワードが入力され、設定に応じて自動でサイトにログインされるようになる。

パスワードを変更した時も確認ポップアップが表示されて、更新ボタンを押せば、新しいパスワードが保存される。

パスワード認証が不安な場合、顔をかざして認証

自撮りで顔認証通常のパスワードログインもあるが、解読されるというリスクを恐れる場合は顔認証を利用できる。

ログインボタンを押すと、インカメラが起動する。目・鼻・口の位置を検知、次いで目の光と影の位置を確認してログインが出来る仕組みになっている。

さすがにマスクをしているとログインできないが、眼鏡をかけていても外していても、化粧の有無にも関わらず、きちんと認識してくれる。

パスワード生成も楽々

一つ一つのパスワードを覚える必要が無いので、可能な限り難しい組み合わせにすることが安全につながる。

webサイトでパスワード入力欄をクリックすすると「パスワード生成」ボタンが表示され、簡単にパスワードが入力されるが、画一的な条件になるので、パスワード生成の専用メニューから生成するようにしている。

パスワード生成メニューでは、文字・数字・記号・大文字の有無を選択し、桁数を8・10…30桁の中から選択できる。

特にサイトに応じて記号利用の条件が変わるので、設定を調整することで強固なパスワードが作成できる。

ポイントの重要性が高いので、セキュリティ会社のソフトで守る

もちろんこのソフト自身が不正アクセスされる可能性が無いわけではない。

筆者は不正利用された場合に各ポイント発行会社ではなくセキュリティ専門会社のマカフィーに補償を求めることとなる。

商売の付随サービスに対する対応と、社業の信用に関わる事態の対応とを考えると、後者の方が被害の補填の確率が高いであろうという個人の判断ではあるが、True Keyに不正アクセスされない限り、190サイトのパスワードが破られる確率は、他の人に比べ限りなく低いと考えている。

パソコン・スマホのセキュリティソフトの付随ソフトであり、お試し版もあるので、ウィルスソフトの切り替え時には一度、確認してみて欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hirosemari

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

-コラム, テクニック
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース