クレジットカード特集 コラム プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ヒルトンHオナーズのゴールド会員資格が自動付帯になる特典を開始

2016年8月17日

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは、SPGのゴールド会員に加えて、ヒルトンHオナーズのゴールド会員が自動的に付帯するサービスを開始した。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは数ヶ月ほど前より開始していたが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードにもこの特典が追加された。

ヒルトンHオナーズのゴールド会員が自動付帯するクレジットカードとしては年会費13,950円(税込)の「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」がある。「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」を保有しているだけで、Hオナーズ・ベースポイントに対して25%のボーナスポイント、レイトチェックアウト、ホテルによっては客室のアップグレードやコンチネンタルブレックファストが無料で付くなど、非常におトクな特典を利用できる。

ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)この特典がアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードでも利用することができるようになったということだ。ただし、「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」と異なり、保有しているだけでは利用できない。別途、プラチナ・セクレタリー・サービスに申込書を請求して手続きをする必要がある。ただし、一度手続きをすれば以降はゴールド会員の特典を利用することができる。

それでは、ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)は不要になるのかというと、そうでもない。ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)の場合は、カード更新時に1,000ポイント、対象ホテルで決済すると、2,000ボーナスポイントを獲得できる。

ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)の年会費は13,950円(税込)だが、マイ・ペイすリボの登録、web明細の登録を利用すると、年会費は7,470円(税込)まで下げることが可能だ。この年会費と、獲得できるボーナスポイントを考慮して、ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)でゴールド会員資格を取るか、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードでゴールド会員資格を取るかを検討してみると良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース