You Are Here: Home » コラム » WebMoney Cardでモテる!??? WebMoney CardはJCBやVisaカードをMasterCardに変換できるカード

WebMoney Cardでモテる!??? WebMoney CardはJCBやVisaカードをMasterCardに変換できるカード

WebMoney Cardでモテる!??? WebMoney CardはJCBやVisaカードをMasterCardに変換できるカード

WebMoneyの公式サイトに「WebMoney Cardでモテてみる。」というコンテンツが追加された。恐ろしく自虐ネタのページだが、次回が気になって仕方がない。

WebMoney Cardでモテる方法は公式サイトにお任せして、今回はWebMoney Cardについて紹介したい。

WebMoney Cardって?

WebMoney Cardは、MasterCardブランドのプリペイドカードだ。au WALLETプリペイドカードと同じといえばわかりやすいだろう。チャージした金額の範囲内で、MasterCard加盟店、WebMoney加盟店で利用することができる。

WebMoney Cardには2種類あり、本人確認のカードと本人確認が不要なWebMoney Card Liteだ。前者はau WALLETプリペイドカードのように、本人の名前が印字されたものになり、WebMoney Card LiteはおさいふPontaやLINE Payカードのように無記名のカードとなる。

どちらも入会金・年会費は無料だが、本人確認のカードのほうがモテるとのことだ。年会費無料なのに、色はゴールド、ということらしい。

WebMoney Cardはおトクなの?

WebMoney Cardは、申込みから3ヶ月間は還元率が1%、4ヶ月以降は0.5%還元となる。還元率0.5%と考えると、au WALLETプリペイドカードと同レベルだ。しかし、大きな落とし穴があり、還元対象はWebMoney加盟店での利用のみ。オンラインゲームなどでWebMoneyとして利用した金額に対しての還元であり、MasterCard加盟店で利用した場合は還元されない。

つまり、WebMoney Card単体では、オンラインゲームをする人以外おトクにはならないということだ。

WebMoney Cardはどうやってチャージする?

WebMoney Cardはアプリか店頭でのチャージが可能だ。アプリの場合はインターネットバンキングやクレジットカードでチャージでき、店頭はローソン、セブン-イレブン、auショップ、自遊空間でチャージが可能だ。

クレジットカードでのチャージについては、au WALLETプリペイドカードと同じとなるため、MasterCardブランドやクレディセゾン・UCカード発行のVisaブランド、au WALLETクレジットカード、TS CUBIC CARDが対象となる。現時点では多くのカードでチャージでもポイントが貯まる。

WebMoney Cardをセブンイレブンでnanaco払いするまた、セブン-イレブンでの支払いにはnanacoを利用することが可能だ。nanacoにクレジットカードでチャージし、セブン-イレブンでチャージすることで、クレジットカードでは未対応のカードからチャージすることができるようになる。

例えば、リクルートカード(Visa、JCB)や楽天カード(JCB)など、クレジットカードチャージでは未対応のカードでも、nanacoを利用することでWebMoney Cardチャージが可能ということだ。

ちなみに、インターネットショッピング払込票は現金かnanacoでの支払いしか対応しておらず、クレジットカードや他の電子マネーでは支払えない。

WebMoney Cardの使い道は?

WebMoneyをよく利用するのであればWebMoney Cardは良いだろうが、MasterCardとして使いたいだけであればau WALLETプリペイドカードのほうがおトクだ。au WALLETプリペイドカードの場合はポイントアップ店も充実し、MasterCard加盟店利用分でも0.5%のWALLETポイントを獲得できる。

WebMoney Cardは、ブランドの変換カードと考えると良いのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 904

© 2013 ポイ探

Scroll to top