クレジットカード 電子マネー

阪急阪神第一ホテルグループ、外貨建て決済サービス、新韓カードなどの取り扱いを開始

阪急阪神第一ホテルグループは、2016年4月21日(木)より訪日外国人向けの決済サービスとして、外貨建てカード決済サービス、新韓カード、Visa payWave、MasterCardコンタクトレスの取り扱いを開始した。

また、同時に国内の電子マネー、楽天Edy、WAON、nanaco、Suica等の交通系電子マネーの導入も開始した。

対象ホテルは第一ホテル東京、第一ホテルアネックス、第一ホテル東京シーフォート、吉祥寺第一ホテル、レム日比谷、レム秋葉原、レム鹿児島、レム新大阪、ホテル阪急インターナショナル、大阪新阪急ホテル、新阪急ホテルアネックス、梅田OSホテル、ホテル阪神、千里阪急ホテル、ホテル阪急エキスポパーク、宝塚ホテル、六甲山ホテル、京都新阪急ホテルとなり、順次チェーンホテルにも導入を予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース