クレジットカード

Amazon MasterCardクラシックとリーダーズカードの比較

先日募集を開始したAmazon MasterCardクラシックはAmazonでの買い物で還元率が1.5%になるクレジットカードだ。Amazonというと、ジャックス発行のリーダーズカードもAmazon限定Jデポへの交換の場合、還元率が1.8%となるため比較してみたい。

Amazon MasterCardクラシックの場合は、Amazon以外での利用は100円につき10ポイント(1ポイント=0.1円)、Amazonでの利用は100円につき15ポイントとなる。年会費に関しては、初年度無料、1回でも利用があれば次年度も無料だ。25,000ポイントで2,500円のAmazonギフト券に自動交換される。ポイント有効期限は4年。

一方、リーダーズカードは、どこで使っても1,000円につき15ポイント(1ポイント=1?1.2円)付与される。年会費は2,500円(税抜)だが年間50万円以上の利用があれば次年度の年会費も無料だ。5,000ポイントで6,000円分のAmazon専用Jデポに交換ができ、ポイント有効期限は2年。

Amazon MasterCardクラシックはAmazonでの利用割合により獲得できるポイントが異なるため、ポイント交換できる25,000ポイントを貯めるための年間利用額を算出すると以下の通り。

クレジット決済額の
Amazonでの利用割合
Amazonクレジットカードポイント
25,000ポイントが貯まる年間利用額
還元率
0割 25万円 1.00%
1割 24万円 1.04%
2割 23万円 1.09%
3割 22万円 1.14%
4割 21万円 1.19%
5割 20万円 1.25%
6割 20万円 1.25%
7割 19万円 1.32%
8割 18万円 1.39%
9割 18万円 1.39%
10割 17万円 1.47%

一方、リーダーズカードの場合、5,000ポイント貯めるには年間34万円の利用が必要だ。この場合、年会費2,500円(税抜)も別途必要のため、年会費を考慮した還元率は0.99%となる。

年間利用額は多くないが、Amazonを良く利用するユーザーにはAmazon MasterCardクラシックの方が良いだろう。年間利用額が50万円を超えるAmazon利用者はリーダーズカードの方がお得になる。

参照:三井住友カード、Amazon MasterCardクラシック、Amazon MasterCardゴールドの募集を開始
参照:リーダーズカード

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース