電子マネー

福井銀行、全国で使える電子マネーサービスと独自の地域サービスを一体で提供する「JURACA(ジュラカ)」を開始

福井銀行と福井新聞社は、2016年4月から全国で使える電子マネーサービスと独自の地域サービスを一体で提供するカード「JURACA(ジュラカ)」のサービスを開始すると発表した。

JURACAは後払い式のQUICPayと、前払式のnanacoの2種類の電子マネーサービスが搭載され、他の電子マネーサービスにはない独自の割引・優待サービスが付帯するカードとなる。

対象者は、福井銀行のクレジットカード「iica(イイカ)JCBカード」を保有している方と、その家族となる。発行手数料、年会費は無料。福井銀行の本店・各支店、郵送、福井銀行のホームページなどで申し込みが可能だ。

電子マネーのnanacoを利用するとnanacoポイントが貯まり、QUICPayを利用するとOki Dokiポイントが貯まる。また、JURACA保有者は、年間100以上の講座が開催される「福井新聞文化センター1 dayカルチャー」を同センターの会員価格で受講できたり、電子新聞の「福井新聞D刊」の一部プランが割引価格で購読可能だ。JURACAを提示すると優待や割引が受けられる店舗、施設の拡大を目指している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース