You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » 特典航空券で憧れのファーストクラス、狙い目はタイ国際航空!

特典航空券で憧れのファーストクラス、狙い目はタイ国際航空!

特典航空券で憧れのファーストクラス、狙い目はタイ国際航空!

飛行機好きならずとも一度は乗ってみたい国際線ファーストクラス。昨今、航空各社とも、ファーストクラス席を設けない機材も多くなり、ますます縁遠い存在になりそうな気配だ。

そんな状況において、筆者がお奨めする狙い目のファーストクラスは、タイ国際航空の「成田⇔バンコク」線である。

その理由はいくつかあるが、一つ目は、タイ国際航空が「成田⇔バンコク」において、世界最大の旅客機「A380」を飛ばしている事である。「A380」は、エアバス製の総2階建て旅客機で、客席数は500を数える。そのアッパーデッキ前方12席がファーストクラスになっている。機体が大きい分、シート幅はゆったりしており、全長も2メートルを超えるとても素晴らしいシートである。タイ国際航空は「羽田⇔バンコク」にもファーストクラス搭載機を飛ばしているが、こちらは機材が747-400となり、シートの優位性では一歩劣る。せっかくのファーストクラス体験なら、より優雅なシートを選びたいものである。

タイ国際空港のファーストクラス シート

二つ目の理由として、比較的チケットがおさえやすい点が上げられる。閑散期であれば、直前でも空席が見つかる事も珍しくない。

三つ目は、タイ国際航空がナショナルフラッグであり、バンコクスワンナブーム国際空港で受けられるサービスが大変素晴らしい事である。空港到着時から出迎えが付き、チェックインは個室のラウンジに座っている間に、タイ国際航空職員の方が終えてくれる。

タイ国際空港のファーストクラス スパラウンジ

その後、専用のセキュリティ、出国ゲートを通ると、カートのお出迎えがあり、ファーストクラスラウンジへと案内される。ファーストクラスラウンジでは、朝食メニューから好きな品をオーダーする事が出来た。また、出発前に、1時間のマッサージもしくはスパトリートメントを無料で受けられる。

タイ国際空港ファーストクラスの個室ラウンジ

そして、ビジネスクラスおよびエコノミークラスの乗客が搭乗を終えた後で、ファーストクラス乗客専用カートでゲートまで運んでくれ、離陸の直前に飛行機に乗り込む事になる。筆者の経験では、スワンナブーム国際空港での待遇は全てにおいて破格であった。

また機内食は、事前に予約を入れる事により、メインディッシュを15種類ほどのメニューから選ぶことが出来る。筆者はロブスターのテルミドールを事前に予約しておいた。

タイ国際空港のファーストクラス食事

アメニティグッズは、ドイツの人気スーツケースメーカー、リモワ社製のミニケース入りで、往路と復路で異なるカラーのものだった。ちなみに、ルフトハンザ航空やANAでもリモワ社製のミニケース入りアメニティが提供されるが、何れもファーストクラス客用なので、ハードルは高い。

タイ国際空港のファーストクラス アメニティ

さて、必要マイル数であるが、ANAのマイルを使用してタイ国際航空の特典航空券を取得する場合「スターアライアンス特典」となり、一人あたり往復で105,000マイルが必要となる。

105,000マイルとなると、やや数字が大きくなってしまうが、もし片道だけファーストクラス、もう片道をエコノミークラスで発券すると、一人70,000マイルとなり、現実的な数字になってくる。(ちなみに、チケットを購入する場合、タイ国際航空の正規航空券の場合、各種制限つきの一番安いチケットでも片道で22万円以上となる)。

タイ国際航空のファーストクラスをANAのマイルで取得

せっせとマイルを貯めて、自分へのご褒美にタイ航空のファーストクラス搭乗体験、筆者が是非お奨めしたい、マイルの使い道である。

About The Author

ディエゴスアレス

これまでに、南極を除く世界6大陸、40か国以上を訪問。マイルは旅を快適にする手段と心得、国内線や近距離の国際線はチケットを購入しマイルを貯め、長距離ビジネスクラスの特典航空券取得を目標としています。JAL、ANAのマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカードの会費など、ある程度の出費は厭いません。年間、旅にかける費用はかなりの額になるので、それらのコストは旅の費用の一部と考えています。海外旅行の際は、航空会社、使用機材に至るまでこだわる、航空マニアでもあります。

Number of Entries : 38

© 2013 ポイ探

Scroll to top