コラム テクニック 共通ポイント

東京電力の新プランはどのくらい安くなる? ポイントを獲得できておトクなの?

2016年1月7日(木)に、東京電力が新プランを発表した。新プランを契約するとTポイントかPontaポイントを獲得できるようになるため、新プランに乗り換えたほうが良いのかの検討を開始した。

しかし、複数の新プランから自分にあったプランを選ぶのは非常に難しい。そこで、東京電力が用意している料金プラン試算を使ってみることにした。使い方を紹介しよう。

1.「電気ご使用量のお知らせ」を用意する。

東京電力の「電気ご使用量のお知らせ」

2.料金プラン試算ページを開く。

3.郵便番号を入力し、現在の電力会社を選択する。

4.現在の契約プランを入力する。筆者の場合は「電化上手」で契約の大きさは「100A / 10kVA」となるので選択。

5."1"に書かれている電気代を入力する。筆者の場合は「11月」の電気代が「15,200円」と入力した。

6.同一世帯の人数を入力する。筆者の場合は「5人」と入力。

7.オール電化住宅かガスも使うかを選択する。筆者の場合は「オール電化」を選択。

8.ライフスタイルで電気の使い方を選択する。筆者の場合は「夜間に稼働する機器(エコキュートなど)を保有している」を選択。

9.全て入力したら、最後の「>試算結果を見る」ボタンをクリックする。

結果が表示されるため、どのプランがおトクなのか判断可能だ。筆者の場合の試算結果は、年間-53,000円もおトクになるという。つまり、53,000円"損"するということになる。

東京電力の料金プランを試算してみた

筆者の場合は「電化上手」を使っており、2016年4月以降は終了するおトクなプランとなっている(既存契約者はそのまま利用可能)。このように、既におトクなプランを契約している場合は、新プランに乗り換える必要はない。

しかし、新プランに乗り換えることで、おトクになるのであれば、さらにTポイントやPontaポイントを獲得できるようになるため、早めに試算しておいたほうが良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-コラム, テクニック, 共通ポイント
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース