JAL(日本航空) クレジットカード特集 コラム ゴールドカード テクニック プラチナカード マイレージ

ハイヤー(Uber)の利用でもしっかりポイントを貯めよう! 貯めたポイントがマイルになる!?

Uberというサービスを知っているだろうか? アプリで配車依頼しすると、ハイヤーが迎えに来てくれるというサービスだ。サービスエリアは東京の一部となっているが、羽田空港もエリアとなっているため、羽田空港から自宅まで使ってみることにした。

まず、Uber Appをダウンロードして起動。ユーザー登録をしておく。Uberを起動すると、GPSで現在地の地図が表示される。「ご乗車の場所にピンを置いてください」の表示をタップすると下に「ハイヤーを依頼する」をタップして行き先を入力する。

登録しているケータイ電話にSMSで連絡があり、アプリ内でも担当者名、車種、ナンバーが表示される。

Uberで配車依頼をしたところ

今回は、5?6分ほどでTOYOTA CROWN ROYALが迎えに来てくれるようだ。トヨタのサイトで確認したところ、一番安くても400万円程度する高級車だ。

アプリ上では車が地図上でどこを走っているか表示され、○分という時間が刻々と変わっていく。到着後も分かりやすいように、ナンバーや運転手の顔も表示されている。

ほぼ、時刻通りに到着した車はこちら。

UberのTOYOTA CROWN ROYAL

行き先はアプリで指定しているため、既に把握されている。行き先を告げる必要もない。車内にはタブレット端末があり、配車依頼などを受け付けるシステムが導入されているのだろう。乗り心地もよく、非常に快適なドライブだ。

Uberの支払料金自宅まで着いたら、そのまま荷物をおろしてもらうだけとなる。アプリにはクレジットカードが登録されているため、そのカードから引落しとなる。今回の料金は6,588円。

比較のために自宅から羽田空港は通常のタクシーを利用したが、その時は5,950円だった。1割程度のアップとなるが、快適さを考えるとそれほど高額でもないだろう。さらに、Uberの場合は深夜料金の設定がない。深夜割増運賃時間帯であれば逆に安くなる可能性もある。

明細には通ったルートまで表示され、ドライバーの評価もあるため、ドライバーとのトラブルも少ない。東京に出張などがある場合は利用してみると良いのではないだろうか。ちなみに、Uberは紹介制度もあり、Uber登録後にプロモーションコードとして「uber-poitan」と入力すると、初回の乗車が2,000円割引かれる制度もある(紹介した側にも同様のメリットあり)。

ここまでUberについて書いたが、この手の記事であれば、他のサイトを見たほうがしっかりレポートされているはずだ。今回、なぜ筆者がUberを利用したかを紹介しよう。

Uberは提携しているポイントプログラムがある。それはスターウッドプリファードゲスト(SPG)だ。UberのアカウントとSPGのアカウントを関連付けておくと、Uberの乗車料金に応じてSPGのスターポイントを獲得することができる。

SPGホテル滞在中は1米ドルにつき2?4ポイント、それ以外の場合でも1米ドルにつき1ポイント獲得可能となっている。

プリファード ゴールド/プラチナ プラチナ(75ナイト達成)
SPGホテルの滞在中 1米ドルにつき2ポイント 1米ドルにつき3ポイント 1米ドルにつき4ポイント
それ以外 1米ドルにつき1ポイント

SPG会員であれば、とりあえずUberの登録をしておき、アカウントの関連付けをしたほうが良いだろう。プロモーションページから、「アカウントをリンクする」ボタンをクリックすることで、SPGにログイン、Uberにログインで関連付けが完了となる。実際に、関連付けができると、SPGのサイトには「Uberで特典を獲得」と表示される。

SPGはUber以外にもデルタ航空、エミレーツ航空との提携もあるため、この機会に関連付けをしておこう。

SGPとUberのアカウントを関連付ける

このアカウントの関連付けが完了している状態で、Uberを利用したというのが今回の記事の趣旨となる。実際にUberを利用した後に、SPGのサイトにログインしたところ、乗車した当日にスターポイントが積算されていた。

Uber乗車で獲得したスターポイント

55スターポイントということは55米ドルとなる。実際の料金は6,588円だったため、6,588÷55=119.78円/ドルということだ。乗車時間の為替レートを確認すると1米ドル=約121円となっているため、120円固定なのかもしれない。

ただし、Uberの利用でスターポイントを獲得するには、1年間で1回でもSPGホテルに滞在がない場合は、ポイント獲得の対象とならないので注意が必要だ。

従って、UberとSPGのおトクな使い方としては、年会費31,000円(税抜)のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)を取得し、年会費を支払った後に得られる無料宿泊特典やクレジットカードの利用で獲得したスターポイントで滞在しながら、Uberを利用するという使い方だろう。

当然、Uberの支払いにSPGアメックスを登録しておく事も可能で、ダブルでスターポイントを貯めることも可能となる。

貯めたスターポイントは無料宿泊特典だけでなく、JALのマイルにも高レートで移行可能のため、SPGアメックスはJALマイラーにもおススメのクレジットカードだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-JAL(日本航空), クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, テクニック, プラチナカード, マイレージ
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース