ポイントプログラム

楽天、ガス小売自由化を見据えてクレアールエナジーに出資

楽天は、クレアールエナジーが第三者割当増資により発行する株式を引き受けたと発表した。クレアールはクレックスが小売電気事業を行う目的に2015年10月に設立した会社となる。出資比率はクレックス65%、楽天35%。

楽天とクレックスは、2015年7月から、約1万世帯のモニターを募集し、簡易HEMSから得られるエネルギーデーターと顧客のマイページとの連携による有効性の確認、楽天スーパーポイント付与による顧客満足度の向上など、有効性が確認できたと判断。両者の強みをより生かすため、提携を強化することになった。

なお、楽天は丸紅との提携も発表しているが、クレアールへの出資については電力自由化だけでなく、ガス自由化まで見据えた提携となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース