クレジットカード特集 コラム

「JCBマジカル2015」に行ってきた JCBマジカルはJCB発行のカード以外でも対象になる場合もあるため、対象カード保有者はエントリーを忘れずに

毎年クリスマス時期に実施される「JCBマジカル」。JCBマジカル2015に当選し、貸切イベントに参加したためレポートしたい。

JCBマジカルとは?

JCBマジカルはクリスマスツリーがある毎年クリスマス時期に行われる東京ディズニーランドを貸しきるJCBのイベントだ。JCBカード利用者がエントリーし当選すると、東京ディズニーランドの完全貸切イベントに招待される。

毎年クリスマス時期に実施されるため東京ディズニーランドに入ると大きなクリスマスツリーが設置されている。時間は19:30から22:30までの3時間。入場者(招待客)数は14,000人だ。

「JCBマジカル2015」は、2015年12月4日(金)に実施された。

JCB発行のカードでなくても応募できる?

JCBマジカルのキャンペーンエントリーページこのJCBマジカルについては、JCBゴールドカードやソラチカカード、リクルートカードプラスなどのJCBが発行しているカードでなくてもキャンペーンに応募が可能だ。

アプラスカード、イオンカード、セディナカード、ジャックスカード、オリコカード、TS CUBIC CARD、ビューカード等のJCBブランド利用者でも、JCBキャンペーンサイトから応募することができる。

JCB発行のカードの場合はMy JCBのキャンペーンエントリーページからもエントリーすることが可能だ。

JCBマジカルの抽選方法は?

毎年12月16日から翌6月15日までのJCBカード利用金額合計5万円(税込)を1口として抽選に参加でき、海外での利用があれば抽選口数は2倍。もし、海外旅行に行くことがない場合は、Amazon.co.jpでの買い物でJCBカードを利用すれば良い。Amazon.co.jpは国内での買物となるが、海外利用扱いとなるため、抽選口数が2倍になる。しかし、JCBマジカル2016からは海外利用分は抽選口数2倍にはならないので注意が必要だ。

以前は、JCB STAR MEMBERSのキャンペーンチャンスアップ対象でもあったため、JCBのプロパーカードの方が圧倒的に当選確率は高かったが、現在はキャンペーンチャンスアップ対象ではなくなっているため、JCB発行のカードでも、他社発行のカードでも当選確率は変わらない。

JCBマジカルの当選人数は?

当選人数は合計14,000人。貸切2名コースではディズニーホテル宿泊+貸切招待チケットが50組100名、貸切招待チケットが2,950組5,900名、貸切4名コースはディズニーホテル宿泊+貸切招待チケットが50組200名、貸切招待チケットが1,950組7,800名だ。

オリエンタルランドのサイトに東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの入場者数が書かれており、2014年は合計31,377,000人。1日平均85,964人となり、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの合計値のため1園あたり42,982人ということだ。

14,000人の入場者数というのがどれだけ空いているかは想像できるのではないだろうか。

JCBマジカルに当選した場合は?

JCBマジカル貸切パーティーチケット引換券当選した場合はチケットの引換券が届く。入場チケットではないため、当日入場チケットと引き換える必要がある。当日16:00以降に東京ディズニーランドのチケット売り場で入場チケットに引き換え可能だ。

筆者は開園の19:30頃に行ったため、引き換えだけで時間がかかり、アトラクションを楽しむ時間が少なくなった。早めの引き換えがおすすめだ。

当日の限定特典は?

JCBマジカルのグッズとシール入場チケットとの引換時にはオリジナルグッズ(写真中央)をもらうことができる。オリジナルグッズにはスクラッチカードが同封されており、削ることでポップコーンなどが当たる。今回は4枚中1枚がポップコーンとなった。

また、JCBカードを使ってショッピングすると、オリジナルシール(写真右上)をもらうことができる。レストラン利用時にJCBカードを利用すると別デザインのシールとなる。

アトラクションの混雑は?

東京ディズニーランドのシンデレラ城今回は19:30にチケットに引き換えたため、入場にも時間がかかった。おそらく20:00頃の入場になったのではないだろうか。そのため、殆ど待たないでアトラクションを利用できるというほどではないが、通常時よりも早く乗ることはできた。

早めにチケットを引き換えて、開園と同時に入場すれば、どのアトラクションもそれほどこまないのではないだろうか。

加えて、ワンス・アポン・ア・タイムが20:35、エレクトリカルパレード・ドリームライツが21:20のため、その時間にアトラクションを利用すると、並ぶ時間は少なくなるだろう。

エレクトリカルパレードは?

エレクトリカルパレードはスタート地点で見たわけではなく、最後のほうで見ることにした。場所取りなどは必要なく、来る直前でも十分写真撮影やビデオ撮影が可能だ。

東京ディズニーランドのエレクトリカルパレード


「JCBマジカル2016」については、既にエントリーが可能だ。抽選のためのカード利用が2015年12月16日(水)から2016年6月15日(水)までとなっており、貸切イベントは2016年12月2日(金)となる。

JCBマジカル2016から海外利用分で抽選口数が2倍にならなくなっているため、単純に利用額が多いほど当選確率がアップするということになる。また、どのJCBブランドのクレジットカードでも当選確率は同じため、公平といえば公平だが、JCB発行のカードを保有している人には、もう少しメリットがあっても良いのでは無いだろうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース