クレジットカード

スマレジ、「スマレジ・ペイメント」に対応した専用ICカードリーダーを発売開始

iPad等のタブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」を展開するプラグラムは、ゼウスとの共同開発により、スマレジのクレジット決済サービス「スマレジ・ペイメント」に対応した専用ICカードリーダーを2015年11月2日(月)より発売開始すると発表した。

専用ICカードリーダーはICカード決済の国際標準規格「EMV」に対応しており、ICカードリーダー端末代は23,000円(税抜)、初期費用・月額固定費用は無料、決済手数料は3.24%となっている。

対応する国際ブランドはVisa、MasterCardとなり、JCB、American Express、Diners Club、Discoverはオプションで対応が可能だ。

なお、先行予約キャンペーンとして、2015年10月6日(木)から2015年10月30日(金)までの間にスマレジ・ペイメントを申し込むと、新ICカードリーダーを18,000円(税抜)で購入できるキャンペーンも実施する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-

© 2022 ポイ探ニュース