ポイントプログラム

JR東日本、グループの共通ポイント「JRE POINT(ジェイアールイー・ポイント)を開始

2015年7月14日

JR東日本は、2016年2月よりアトレ、ボックスヒル、グランデュオ、シャポー、テルミナのポイントを「JRE POINT」に共通化すると発表した。その他の駅ビルのポイントも順次共通化していく。また、ビューサンクスポイントやSuicaポイントも「JRE POINT」への共通化を目指している。

現在はアトレクラブポイントやボックスヒルポイントなどが別々に貯まっているが、全て共通化することで駅ビルだけでなく、Suicaの利用でも同じポイントが貯まるようになる。

JRE POINTは、駅ビル(JRE POINT加盟店)で100円(税抜)につき1ポイントが貯まり、有効期限も貯めたり利用した日から自動延長で2年間有効とポイントの失効がしにくいのが特徴だ。また、 JRE POINTは駅ビルで1ポイント=1円として利用できる。

[JRE POINT]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-,

© 2020 ポイ探ニュース