楽天ブラックカード保有者が教える楽天ブラックカードの特典とは? 楽天ブラックカードの申し込み条件も大公開!(菊地崇仁)

クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

楽天ブラックカード保有者が教える楽天ブラックカードの特典とは? 楽天ブラックカードの申し込み条件の年間500万円攻略方法も!(菊地崇仁)

コンシェルジュデスクの利用が可能

楽天ブラックカードの場合はプラチナカードなどで利用できるコンシェルジュデスクを利用できる。

コンシェルジュデスクは、電話1本で24時間365日さまざまな相談ができるサービスだ。出張で使うホテルを探してほしい、接待で使うレストランを探してほしいなど。

ただし、楽天ブラックカードの場合、コンシェルジュデスクの提供は、国際ブランドで変わり、例えばVisaブランドの場合はVPCC、JCBの場合はプラチナ・コンシェルジュデスクなどとなる。

メールでのコンシェルジュサービスを利用できるプラチナカード・ブラックカードは?

クレジットカードのコンシェルジュデスクは、基本的には電話でのやり取りとなる。24時間365日利用できるため、深夜でもレストラン手配や宿泊手配などが可能だ。 ただし、多くの場合は電話での返答となるが、コ ...

続きを見る

インビテーション不要のJCBプラチナが登場! JCBザ・クラスを目指すには?

2017年10月24日(火)より、JCBオリジナルシリーズのラインナップにプラチナカードが追加となる。最近勢いのあるプラチナカードだが、JCBもインビテーション不要のプラチナカード「JCBプラチナ」の ...

続きを見る

コンシェルジュデスク比較:新幹線チケット編 アメックスプラチナ、Mastercard、ラグジュアリーカード

なかなかコンシェルジュ比較をすることができないが、今回は新幹線チケットをコンシェルジュデスクで予約したため、それぞれの使い勝手などを紹介したい。 今回比較したのは、Mastercardコンシェルジュデ ...

続きを見る

保有している国際ブランドによって、コンシェルジュデスクの使い勝手がかわり、この辺りは実際に使ってみるまで分からない。

楽天ブラックカードは国際ブランドを変更することもできるが、年会費が再度請求される事になるため注意しよう。

楽天ブラックカードの国際ブランドをMastercardからJCBに変更 変更するメリットは?

筆者が楽天ブラックカードを取得した時点では国際ブランドはMastercardのみであった。それが、2016年にはJCBブランドも申し込めるようになり、国際ブランドの変更をすることに。 Masterca ...

続きを見る

家族カードが2枚まで無料

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの場合は家族カードの年会費が550円(税込み)必要だが、楽天ブラックカードの場合は2枚まで年会費無料となる。

基本的にプラチナカードなどでは、基本カード会員とほぼ同じ特典を家族カード会員も利用できる。

家族カード会員がコンシェルジュデスクを利用する事も可能だ。

楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどでのポイント優遇

楽天市場での特典はほぼ年会費無料の楽天カードと同レベルとなる。

違いは、毎週火・木はポイント+1倍(楽天市場コース)、楽天トラベルでは+1倍(トラベルコース)、Rakuten TVまたは楽天ブックスでは+1倍(エンタメコース)の特典が付帯する。これは、楽天プレミアムカードの「選べるサービス」となり、楽天プレミアムカードの場合はいずれか1つ選択する必要があり、楽天ブラックカードは全ての特典が自動的に付帯する。

なお、楽天プレミアムカードの「選べるサービス」は、2025年1月以降は「楽天市場コース」のみとなるため、楽天トラベルや楽天ブックス、Rakuten TVを利用する場合は、楽天ブラックカードは有利だ。

楽天プレミアムカードの「選べるサービス特典」が「楽天市場コース」のみに
【更新】楽天プレミアムカードの「選べるサービス特典」が「楽天市場コース」のみに

楽天カードは、年会費1万1,000円(税込み)の楽天プレミアムカード特典を一部変更する。 現在、「選べるサービス特典」として「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」から1つ選択できたが、 ...

続きを見る

ただし、楽天ブラックカードの「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」も2024年10月1日に変更となり、従来は獲得ポイントの上限はなかったが、月間1万ポイントまでとなる。「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」での合計金額が100万円を超えた分は+1倍の対象外になるため注意したい。

空港・自宅などで手荷物無料宅配サービスを利用できる

楽天プレミアムカードの「選べるサービス」である「トラベルコース」特典は、楽天トラベルで+1倍のほか、年間2回まで空港・自宅などで手荷物を1個無料で宅配できるサービスが付帯する。楽天ブラックカードは「選べるサービス」を全て利用できるため、手荷物無料宅配サービスも利用可能だ。

利用できる空港は成田国際空港、羽田国際空港、関西国際空港、中部国際空港となり、専用ページから申し込むとクーポンがメールで送られ、JALエービーシーで予約し、利用当日空港でクーポンを見せると手荷物を無料で送ることができる。

国際線手荷物無料宅配サービスを使ってみた 空港まで最小限の荷物で行けるため、子連れには最高の特典

大人1人で2・3泊であれば、スーツケースすら必要ないこともあるが、子供との旅行では必ずスーツケースが必要となる。筆者は3人の子供がいるため、全員の荷物を詰め込むと、20Kg程度の荷物になる。このスーツ ...

続きを見る

往復で利用した場合は2回のカウントとなるため、年1回の海外旅行・海外出張のみと考えた方が良い。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

菊地崇仁

2011年3月に株式会社ポイ探の代表取締役に就任。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られ、日経プラス1の「ポイント賢者への道」を2017年から長期連載中。年会費約120万円・約110枚のクレジットカードを保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, ,

© 2024 ポイ探ニュース