マネックス証券のクレカ積立で評価額200万円を突破! 含み益は63万円にも!(菊地崇仁)

クレジットカード特集 コラム 一般カード

マネックス証券のクレカ積立で評価額200万円を突破! 含み益は63万円にも!(菊地崇仁)

マネックス証券は、dカードでのクレカ積立に対応するなど、いろいろと動きがあるが、筆者は年会費実質無料のマネックスカードでクレカ積立を続けている。

マネックスカード

マネックスカード

マネックス証券では一度10万円にクレカ積立額を設し、0.73%のマネックスポイントを獲得したが、満額の1.1%を獲得できないため5万円に変更。

そんな中、マネックス証券のクレカ積立のみで評価額が200万円を突破した。評価額が204万9,752円となり、評価損益が+63万7,493円だ。

マネックス証券でのクレカ積立が200万円を突破

マネックス証券でのクレカ積立が200万円を突破

実際の入金額は141万2,259円と中途半端な金額だが、マネックスポイントがたまり次第、同じ投資信託を購入しているため、中途半端な金額となっている。

マネックスポイントはマネックスカードでのクレカ積立時に最大1.1%たまり、それ以外のJCB加盟店では1%のポイントがたまる。また、保有している投資信託の残高に応じても「投資信託保有残高」としてたまるサービスもある。2023年11月以降はeMAXIS Slimなどの低コストファンドも対象となっており、筆者が購入しているeMAXIS Slim米国株式(S&P500)も年率0.030%のマネックスポイントを獲得できる

2024年4月1日(月)には590ポイント、5月1日(水)には593ポイント、5月20日(月)には774ポイントとポイントを投資しており、5万円で割り切れない1万2,259円がマネックスポイントでの投資分だ。

たまったマネックスポイントも投資

たまったマネックスポイントも投資

筆者はマネックスカードをマネックス証券以外ではほとんど使っていない。従って、1万ポイント以上のポイント投資できていると言う事は、クレカ積立で最大1.1%還元と保有残高に応じたポイント付与だけでも、多くのポイントをためられることがわかる。

2024年7月5日(金)に開始するマネックス証券でのdカードによるクレカ積立では、基本的にはマネックスカードと同じくらいのポイントがたまる。マネックスカードでのクレカ積立はdカードが良いのか、マネックスカードが良いのかは「マネックス証券がdカードによるクレカ積立を開始! マネックスカードとdカードはどっちが良い? 他におすすめの組み合わせも」も参考にしてほしい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

菊地崇仁

2011年3月に株式会社ポイ探の代表取締役に就任。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られ、日経プラス1の「ポイント賢者への道」を2017年から長期連載中。年会費約120万円・約110枚のクレジットカードを保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , ,

© 2024 ポイ探ニュース