コード決済先駆けのOrigami PayにつづきLINE Payもサービスを終了 コード決済サービスは淘汰(とうた)されつつある(菊地崇仁)

QRコード・バーコード コラム

コード決済先駆けのOrigami PayにつづきLINE Payもサービスを終了 コード決済サービスは淘汰(とうた)されつつある(菊地崇仁)

コード決済と言えばPayPayを思い浮かべる人も多いが、PayPayが開始したのは2018年10月5日(金)となる。

その前からコード決済サービスを提供していたのが楽天ペイやLINE Pay、Origami Payとなるが、2020年4月末でOrigami Payが終了し、2025年4月末でLINE Payの終了が発表された。

Origami Pay、2020年4月28日で決済サービスを終了 TOYOTA TS CUBIC Origami PayはTOYOTA TS CUBIC Payに変更

Origamiは、2020年4月28日(火)22時でOrigami Payでの決済機能を終了すると発表した。 Origami Payは、提示されたQRコードを読み取ったり、アプリに表示されたQRコード ...

続きを見る

日本国内でのLINE Payサービスを終了 LINEクレカなども終了へ
日本国内でのLINE Payサービスを終了 LINEクレカなども終了へ

LINE Payは、2025年4月30日(水)に日本国内でのLINE Payサービスを終了する。 日本国内でのモバイル送金や決済サービスを2025年4月30日(水)までに順次終了。今後、LINE Pa ...

続きを見る

LINE Payがコード決済サービスを開始したのは2017年1月ごろ、Origami Payがコード決済を開始したのは2017年10月末ごろとなり、○○Payの先駆者だった2つのコード決済サービスが終了することになる。

LINE Payのニュースは大きく取り上げられているが、実はコード決済サービスを終了する発表は他にもある。

銀行Payを活用した北陸銀行と北海道銀行の「ほくほくPay」もサービス終了を発表し、pringも新規アカウント登録を終了。

ほくほくPay、2024年5月末で決済取引終了 9月末でサービス終了
ほくほくPay、2024年5月末で決済取引終了 9月末でサービス終了

北海道銀行と北陸銀行が提供しているコード決済サービス「ほくほくPay」が2024年9月30日(月)でサービスを終了する。 ほくほくPayは、銀行口座から直接支払う事ができるコード決済サービスだ。ゆうち ...

続きを見る

pringアプリ、2024年6月10日でサービス変更や新規アカウント登録受け付けを終了
pringアプリ、2024年6月10日でサービス変更や新規アカウント登録受け付けを終了

pringアプリでは、2024年6月10日(月)で、サービスの変更・一部サービスを終了する。 pringは、チャージ、送金、支払い、銀行口座に戻す機能を利用できるアプリだ。 2024年6月10日(月) ...

続きを見る

2019年ごろまでコード決済サービスの乱立が続いたが、コード決済サービスは淘汰(とうた)されつつある。

今後も、あまり利用されていないようなコード決済サービスは終了していくと思われるが、PayPay一強を面白く思っていない陣営もある。

楽天ペイでは2024年12月ごろにアプリを統合、dポイントクラブも2024年10月にリニューアルし、d払いを使わなければ還元率がダウンするようになるなど、コード決済サービスのテコ入れを図る。

楽天ペイと楽天ポイントカード、楽天Edyのアプリを統合 チャージ方法に限らず楽天ペイアプリでの決済時に1.5%還元に
楽天ペイと楽天ポイントカード、楽天Edyのアプリを統合 チャージ方法に限らず楽天ペイアプリでの決済時に1.5%還元に

楽天ペイメントは、2024年12月ごろに、「楽天ポイントカード」アプリと「楽天ペイ」アプリの統合を行う。その後、「楽天Edy」アプリの統合も予定している。 アプリ統合前の2024年夏ごろには、楽天ペイ ...

続きを見る

dポイントクラブを2024年10月に改定 3つ星以上でd払いを利用していない場合は還元率ダウン
dポイントクラブを2024年10月に改定 3つ星以上でd払いを利用していない場合は還元率ダウン

ドコモは、2024年10月より、dポイントクラブを改定する。 dポイントクラブでは、これまでランクに応じてdポイント加盟店でのdポイント付与率が上がる「ポイント倍率アップ特典」を利用する事ができた。 ...

続きを見る

コード決済ではなく、タッチ決済に力を入れているのがVポイント陣営だ。

2024年4月にTポイントとVポイントが統合し、新Vポイントとして共通ポイントサービスを開始した。新Vポイントでは対象のコンビニや飲食店ではスマホのタッチ決済で7%還元など、コード決済よりもタッチ決済に力を入れている。

鉄道乗車も割引きに? タッチ決済のキャンペーンがアツい!(菊地崇仁)
鉄道乗車も割引きに? タッチ決済のキャンペーンがアツい!(菊地崇仁)

最近は三井住友カードやVisaなどがタッチ決済の普及を目指している。 国内では「スマホ決済≒コード決済」の認識が強く、三井住友カードなどは「スマホ決済≒タッチ決済」で普及させたいのではないだろうか。 ...

続きを見る

コード決済サービスのメリットは導入のしやすさ。QRコードをはるだけで導入できるため、爆発的に普及した。

しかし、最近はタッチ決済の加盟店端末としてスマートフォンを利用できるサービスが開始し、屋台などの電源を確保できないような加盟店でも、タッチ決済を導入できるようになってきている。

三井住友カードやGMOフィナンシャルゲートなどがiPhoneをタッチ決済の加盟店にする「stera tap」を開始
三井住友カードやGMOフィナンシャルゲートなどがiPhoneをタッチ決済の加盟店にする「stera tap」を開始

三井住友カードやGMOフィナンシャルゲート、SMBC GMO PAYMENT、Soft Spaceは、2024年5月16日(木)より、非接触決済の取り扱い可能なiPhoneのタッチ決済の加盟店提供を「 ...

続きを見る

今後はさらにコード決済 vs タッチ決済の争いが激しくなるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

菊地崇仁

2011年3月に株式会社ポイ探の代表取締役に就任。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られ、日経プラス1の「ポイント賢者への道」を2017年から長期連載中。年会費約120万円・約110枚のクレジットカードを保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。

-QRコード・バーコード, コラム
-, , , , , ,

© 2024 ポイ探ニュース