You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 「プラチナカード」「ブラックカード」を保有するメリット・デメリットとは? 保有すべき人ってどんな人?

「プラチナカード」「ブラックカード」を保有するメリット・デメリットとは? 保有すべき人ってどんな人?

「プラチナカード」「ブラックカード」を保有するメリット・デメリットとは? 保有すべき人ってどんな人?

プラチナカードのインビテーションが届いて、年会費が数万円アップするメリットって何だろう? と感じる方も多いだろう。今回はプレミアムカードを持つべき人はどんな人か、保有するメリット・デメリットについて書きたい。

カードのステータスまず、通常のクレジットカードのステータスは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとなっており、どんどん年会費がアップし、保有者も減っていく。プラチナカードの場合は全体の3%程度、ブラックカードの場合は1%未満となるだろう。

当然、ブラックカードなどを持っていると、「おっ」っと思われるかもしれない。ただし、見る人が見ればわかるだけであり、カードフェイスだけで一目置かれることはない。

また、ショッピング枠も増える。プラチナカードの場合は初期設定で300?500万円程度にはなっているだろう。ただし、一般カードでも数年間保有すればショッピング枠も100万円以上になる。また、コールセンターに電話すれば、一時的に増額することも可能のため、ショッピング枠が増えたからといってそれほどメリットはない。

さらに、プレミアムカードだからといって多くのポイントが貯まったり、特別な商品に交換できるということも殆ど無い。一部のプレミアムカードでは、一般カードの2倍のポイントが貯まったり、マイルの還元率が高い場合もあるが、年会費を考えると、2倍のポイントのメリットはほとんどない。

これまで、プレミアムカードを否定することを書いてきたが、どんな人であれば保有するメリットがあるのだろうか?

保有すべき人は中小企業の代表や役員

プラチナカードやブラックカードの保有メリットは、付帯サービスが一気に増えることだろう。コンシェルジュサービスやダイニングサービス、旅行&ホテルの優遇、空港ラウンジサービスや海外旅行時の手荷物無料宅配サービス等。その他、カードによっては専用ラウンジに入室できたり、ホテルの上級会員が付帯していたりと様々な特典がある。

しかし、大企業の役員などの場合、そもそも海外出張時の飛行機はビジネスクラスで、そのチケットでラウンジの利用が可能だったり、ホテルはクラブフロアと決まっていたりする。出張手配は秘書が行ってくれるため、プレミアムカードのサービスで利用できるものとしては、海外出張時の手荷物宅配サービスくらいだろうか。それだけのために年会費数万円を支払う必要はない。

従って、プレミアムカードを保有すべき人としては、筆者のような中小企業の代表であったり、個人事業主が保有すべきとなる。秘書はいないため、出張手配などは自分で行う必要がある。コンシェルジュデスクで日程を説明し、宿泊施設の希望、金額等を伝えるだけで、出張手配は完了だ。年会費2万円(税抜)の「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」で考えると、1カ月1,800円で秘書を雇っているのと同じことになる。年会費が10万円(税抜)だったとしても、1カ月9,000円だ。

家族カードは本会員とほぼ同等のサービスが受けられる

では、大企業の役員等はプラチナカードやブラックカードを保有するメリットは無いのだろうか? こちらも保有メリットはあると考えている。クレジットカードの機能は、本会員が受けられるサービスの8?9割程度のサービスを家族カード会員も受けられる。

プライオリティ・パスは家族カードの場合は申込不可の場合もあるが、コンシェルジュサービスやラウンジサービス等は本会員と全く同じだ。

例えば、本会員が出張中で、その間家族で帰省する場合、家族は自分たちで旅行の手配をしなければならない。しかし、家族カードを保有している場合は、家族もコンシェルジュデスクに電話することで、旅行の手配を依頼することも可能となる。電話で日程を連絡するだけでチケットの手配を行ってもらえる。

JCBの「ザ・クラス」の場合、本会員が忙しくてディズニーリゾートに行く時間がなかったとしても、家族カード会員がラウンジチケットを依頼し、家族カードでラウンジを利用することも可能となっている。プレミアムカードは本会員に使い道がなくても、家族が同等のサービスを利用できると言う事が最大のメリットではないだろうか(「JCBザ・クラス保有者向けの、東京ディズニーシーにあるストームライダー内アトラクションのラウンジとは?」参照)。

プレミアムカードのメリットが感じられないと考えている場合は、家族のことも考えてみると良いだろう。それでも年1回の帰省の手配のためだけにプレミアムカードを保つ必要がないと考えれば申し込む必要はない。数万円の年会費を、その帰省のために使ったほうが優雅な旅行ができるのだから。

プレミアムカードを保有するには、どれだけのサービスを使えるかが重要だ。本人も家族も決済にしか使わないのであれば保有するメリットはない。付帯サービスを理解し、本人または家族が使い倒すのであれば非常におトクなカードとなる。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 866

© 2013 ポイ探

Scroll to top