You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ザ・クラスのコンシェルジュデスクは、JRチケットの予約に強い

ザ・クラスのコンシェルジュデスクは、JRチケットの予約に強い

ザ・クラスのコンシェルジュデスクは、JRチケットの予約に強い

筆者はコンシェルジュサービスを利用できるクレジットカードを7枚保有している。すべて「24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスを利用可能」となっているが、コンシェルジュサービスと言っても、すべて同じクオリティでもなければ、レスポンスも異なる。チケットの代理予約を依頼すると、有償と無償、送料も無料・有料で分かれてくる。同じ「コンシェルジュサービス」でもサービス内容は大きく異なるので注意が必要だ。

大相撲の初場所千秋楽チケットも入手可能

クレジットカードの大相撲観戦このプレミアムカードの中のコンシェルジュデスクで、筆者が今のところ一番安心してチケット手配をお願いできるのがJCBの「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」だ。以前、大相撲初場所の千秋楽のチケット手配を依頼した事がある。クレジットカードなどの冊子に書かれているチケットは4名マス席かつお土産付きという高額のものとなる。2名でお土産なしで予約するには、一般販売で電話予約しか選択肢がない。

千秋楽の2名マス席のお土産なしチケットを予約したかったため、代理予約を依頼した。当日9:00から電話予約開始だが、予定があったため自分で予約することはできなかった。11:00頃になってコンシェルジュデスクから電話があり、正面席で2名マス席が取れたとの連絡があった。当日、国技館に行った所、2名マス席自体が非常に少なく、9:00ぴったりに電話しなければ取れないだろうなというのが想像できた。

人気のJRチケットも入手可能

ザ・クラスは簡易書留でチケットを郵送してくれるまた、ザ・クラスのコンシェルジュデスクはJRチケットの手配も非常に便利に利用できる。新幹線や特急券の手配も電話で行うことができ、チケットは簡易書留で郵送してくれる。こちらもチケット代のみで、送料等は一切不要。送り先も指定できるため、会社で受け取ることも可能。事前にチケットを抑えておきたい場合は、非常に便利なサービスとなっている。

JRチケットは、難易度の高い特急券などの予約も可能だ。今回家族旅行のため、人気の特急「スーパービュー踊り子」の「展望席」を依頼することにした。「えきねっと」でもスーパービュー踊り子は予約できるが、展望席は直ぐになくなる。

まず、スーパービュー踊り子の座席表を調べる。東京から下田方面に行く時には、1号車(グリーン車)、下田から東京方面に行く時には10号車(普通車)の展望席が一番良いということだ。コンシェルジュデスクに電話し、進行方向を考えて、グリーン車の展望席、普通車の展望席、これが取れなければ個室、個室も取れなければ普通車の2階席と言う順序で依頼した。

スーパービュー踊り子の展望席

ザ・クラスのコンシェルジュデスクは、JRチケットの予約に強い土曜日出発、日曜日到着で依頼し、さらに熱海の花火大会と重なっていたため、展望席はほぼ諦めていたが、発売当日に電話がかかってきて、展望席が取れたとのことだ。ただし、行き・帰りとも進行方向とは逆の展望席となったが、往路の普通車は1A?1Dの先頭、復路は1A、1Bと2A、2Bの4席確保できた。

今のところ、チケット予約で「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」以外を使う勇気はない。ただし、すべてのコンシェルジュサービスを比較していないため、次回JRチケットの予約をする時は他のコンシェルジュデスクを利用してみたい。

コンシェルジュデスクはどんなチケットでも取ってくれるわけではない。一般的に電話で予約するときに座席指定ができないものは、コンシェルジュデスクでも座席指定はできない。例えば、チケットぴあで販売しているチケットはチケット自体は代理予約してもらえるが、電話の場合は座席指定ができないため、座席指定まで考えるのであれば自分でネット予約したほうが良いだろう。

どのチケットが座席指定までできて、どのチケットが出来ないのかは、電話してみなければわからないため、とりあえずコンシェルジュデスクに電話することをおすすめする。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1002

© 2013 ポイ探

Scroll to top