You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ポイントモール徹底解説 クレジットカードのポイントモールって何? ポイントモール倍付け原資はどこから出ている?

ポイントモール徹底解説 クレジットカードのポイントモールって何? ポイントモール倍付け原資はどこから出ている?

ポイントモール徹底解説 クレジットカードのポイントモールって何? ポイントモール倍付け原資はどこから出ている?

先日、クレジットカードのセミナー講師として呼ばれ、クレジットカードのおトクな利用方法を解説した。その中で、40名程度の参加者に「ポイントモール」を知っている人に手を上げてもらったが、1人も手が上がることがなかった。筆者は雑誌や新聞などでもポイントモールを紹介してきたが、実はそれほど知られていない存在ということに驚いた。

今回は、ポイントモールとは何か、どうしてポイントが多く付与されるのか、ポイントモールのポイント原資はどこから出ているのかを解説したい。

ポイントモールって何?

ポイントモールとは、クレジットカード会社やポイント発行企業が用意しているサイトで、そのサイトを経由することにより通常獲得できるクレジットカードなどのポイントとは別にボーナスポイントを獲得できるサイトとなる。利用料や登録料は不要で、そのポイントを保有していれば利用できるものとなる。

例えば、JCBカードのOki Dokiランドにアクセスし、「このショップにアクセス!!」をクリック後に、Yahoo!ショッピングを利用すると、通常のYahoo!ショッピングで獲得できるTポイントはそのままで、クレジットカードのポイントが2倍になる(下記画像の右上の数字)。その他、Oki Dokiランド経由でシマンテックストアを利用すると、クレジットカードのポイントはなんと20倍だ。

Oki Dokiランド

それでは、Oki Dokiランドを経由して、Yahoo!ショッピング・シマンテックストアで8,500円(税抜・送料無料)でJCBカードを利用した場合を考えよう。Oki Dokiランドの右上に「ポイント3倍」とある場合は、3倍中の1倍が通常ポイント分、残り2倍分がボーナスポイント分となり、「ポイント3倍」との表記となる。

通常、JCBカードの場合は1,000円(税込)につきOki Dokiポイントが1ポイント獲得できる。しかし、ポイントモール分は1,000円(税抜)につきOki Dokiポイントが1ポイントのため、厳密に言うと○倍にはならない。

直接利用 Oki Dokiランドを経由
Yahoo!ショッピング シマンテックストア Yahoo!ショッピング シマンテックストア
ストアポイント 85 Tポイント 85 Tポイント
クレジットカードポイント 9 Oki Dokiポイント(税込9,180円に対するポイントのため)
ボーナスポイント 8 Oki Dokiポイント 152 Oki Dokiポイント

つまり、Oki Dokiランドを経由した場合は、Yahoo!ショッピングで8 Oki Dokiポイント、シマンテックストアで152 Oki Dokiポイント分多くのポイントを獲得できるということだ。

Oki Dokiポイントは1ポイント=5円相当と考えられるため、Oki Dokiランドを経由するだけで、40円?760円分も多くのポイントを獲得できたという事だ。

ボーナスポイントの原資は?

では、なぜ経由するだけでポイントが多く獲得できるのだろうか? ポイント倍付には「アフィリエイト」の機能が利用されている。例えば、「このリンク」からYahoo!ショッピングにアクセスし、リンクを経由した人が何らかの商品を購入すると、商品(サイト)を紹介してくれてありがとう、と言う事でポイ探に購入金額の1%程度の報酬が入る仕組みだ。

このリンク先を確認すると以下のようになっている。

http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2299127&pid=882970564

referralの後にある「sid」がポイ探のID、「pid」がパートナーID(この場合はYahoo!ショッピング)となっている。このリンクをクリックするとYahoo!ショッピングのサイトにジャンプする。誰かがそこで買い物をすることで、ポイ探が紹介したYahoo!ショッピングのリンクからの購入です、ということがわかるようになっているということだ。また、ブラウザには足あと(Cookie)が残り、数日後に購入しても報酬対象となるという仕組みとなる。

このアフィリエイト機能をクレジットカード会社が利用し、獲得した報酬の一部をポイントとしてユーザーに還元するというのがポイントモールの仕組みとなる。

ちなみに、このアフィリエイトの承認スケジュールは時間がかかるものが多いため、ボーナスポイントは購入後、3?4ヶ月程度かかることもある。

全額ポイントで購入しても、ポイントモールのポイントは獲得できる場合もある

ここからは、さらにポイントモールを掘り下げていくため、自分のカードのポイントモールを知りたい方は、下のポイントモール一覧まで飛んでもらって構わない。

では、ポイントモールを更に詳しく見ていこう。

先ほど紹介したリンクのままでは、ポイ探が紹介したYahoo!ショッピングのリンクから”誰かが購入した”、ということしかわからない。”誰か”まで特定しなければポイントモールでポイントを付与することができないのだ。

こちらは、ポイントモールの運営者向けに、特別な引数(バリューコマースの場合はvcptn)が用意されており、そのIDで菊地崇仁と言うユーザー(実際はIDのみのやりとり)がOki Dokiランドを経由して、Yahoo!ショッピングを利用した、と言う事がわかるようになっている。

アフィリエイト会社は「菊地崇仁がOki Dokiランド経由でYahoo!ショッピングで8000円分利用しましたので、報酬は○円です」というデータをJCBに送り、JCBは通常のポイントと送られてきたデータから報酬を超えない範囲で菊地崇仁にボーナスポイントを付与するという流れとなる。

つまり、ボーナスポイントを付与する際は、どの利用者がどのサイトで何円分利用したかどうかまではわかるが、どのカードで決済した等の支払方法まではデータとして戻ってこない。

従って、ポイントモールはどの決済方法でもボーナスポイントを獲得できるということだ。例えば、ポイントモール経由で楽天市場を利用し、全額楽天スーパーポイントで支払ってもポイントモール経由のボーナスポイントは獲得できる。

カード会社は利用明細を保有しているため、利用明細と戻ってきたデータを突合すれば、ポイント利用分や他社クレジットカード利用分にボーナスポイントを付与しないということはできるが、クレジットカードの明細に上がってくる のは税込・送料込の価格、ポイントモールでは税抜・送料抜の価格であるため、現実的には突合するのは難しいだろう。

全額ポイント決済時でもポイントモールは経由したほうが良いということだ。

代表的なポイントモール一覧

セミナーではポイントモールはある程度知っているものとして説明したため、数社のポイントモールしか紹介しなかった。今回は代表的なポイントモールを22サイト紹介したい。

ポイント名 ポイントモール
JCBカード(Oki Dokiポイント) Oki Dokiランド
三井住友カード(ワールドプレゼント) ポイントUPモール
クレディセゾン(永久不滅ポイント) 永久不滅.com
MUFGカード(グローバルポイント) POINT名人.com
セディナカード(わくわくポイント) セディナビ!
オリコカード(オリコポイント) オリコモール
ジャックスカード(ラブリィポイント) JACCSモール
ライフカード(LIFEサンクスプレゼント) L-Mall(エルモール)
SBIカード(サークルプラス) SBIポイントモール
ポケットカード(ポケット・ポイント) P-oneモール
NTTグループカード(ポイント・プレゼントコース) 倍増TOWN
DCMX(ドコモポイント) DCMX ポイントUPモール
シティカード(シティ リワードポイント) シティカード オンラインショッピングモール
ダイナースクラブカード(ダイナースクラブ リワードポイント) ダイナースクラブ ポイントモール
イオンカード(ときめきポイント) ときめきポイントTOWN
UCSカード(Uポイント) ぽいん貯モール
エポスカード(エポスポイント) たまるマーケット
JAL JMBモール
ANA ANAマイレージモール
Tカード(Tポイント) Tモール
Pontaカード(Pontaポイント) Pontaポイントモール
楽天カード、楽天Edy、Rポイントカード(楽天Edy、楽天スーパーポイント) 楽天Edyもらえるモール

 

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1002

© 2013 ポイ探

Scroll to top