激寒! 鹿島神宮カードで「大寒禊」に参加してきた! 鹿島神宮カードは「お徳」なカード!

クレジットカード特集 コラム

激寒! 鹿島神宮カードで「大寒禊」に参加してきた! 鹿島神宮カードは「お徳」なカード!

鹿島神宮カードから、鹿島神宮で2023年1月20日(金)の大寒に行われる「大寒禊」の特別参加枠についての案内が届いた。

大寒禊の特別参加枠についての案内

大寒禊の特別参加枠についての案内

「大寒禊」は、鹿島神宮にある御手洗池で行われ、毎年受け付け開始後すぐに定員に達してしまう人気行事だ。

コロナ禍で3年ぶりの開催となり、思うところもあって今回、参加申し込みをしてみることに。

2023年1月4日(水)までに応募し、抽選で10名が当選する。当選者には1月10日(火)までにメールで送られるとあるが、無事に(?)当選。

大寒禊の当選メール

大寒禊の当選メール

大寒禊は一度経験があるが、最初は何とかなると思っていたのだが、池から出た時が本当の正念場。もう一度参加するのかと思うとなかなか憂鬱(ゆううつ)だが、当選したため気合を入れて参加する事にした。

鹿島神宮の大寒禊(だいかんみそぎ)に参加してきた! 鹿島神宮カード会員向けに特別参加枠が用意

目次1 大寒とは?2 鹿島神宮の大寒禊(だいかんみそぎ)とは?3 平成最後の大寒禊のスケジュールは?4 大寒禊に参加した感想 大寒とは? 2019年1月20日(日)は大寒だ。 大寒とは、小学館の「デジ ...

続きを見る

当日は8:00~8:50の受け付けとなるため、2時間前の6:00には家を出た。途中雨が降っていたのだが、鹿島神宮に着いたときには曇っており、9:00ごろに晴れてきた。

不安だったがやるしかない。ちょうど8:00に駐車場に到着。以前の受付場所とは異なり、鹿島神宮内で受け付けを終え、ふんどしに着替え、はちまきを締める。その状態で服を着て待つ。

鹿島神宮カード

鹿島神宮カード

募集は100名でいろいろあり120名くらいの参加申し込みがあったようだ。その内、1割程度は毎年来ないようで、今回は110名が大寒禊に参加する事になった。7割がリピーター、3割が新規とのこと。筆者は2回目なのでリピーターに入るのだろう。

最初に参拝、その後、御手洗池に歩いて移動し、そこで服を脱ぐ。なお、今回は1人での参加だったため、写真撮影ができなく、鹿島神宮のオフィシャル写真を提供してもらった。

禊前の参拝(写真提供/鹿島神宮)

禊前の参拝(写真提供/鹿島神宮)

準備ができた人から並ぶが、辛いのははだしで砂利道を歩くこと。

入水前に「鳥船の行」で体を温める。

鳥船の行(写真提供/鹿島神宮)

鳥船の行(写真提供/鹿島神宮)

その後、1人1人、かけ声をかけてから入水。外から見ると、入水は大変そうに見えるのだが、意外と耐えられる。やはり、少し体を動かしているからだろう。

今回はコロナの関係上、講話などもなく、修了証とお弁当をもらってそのまま解散。2枚目の修了書を獲得した。

大寒禊修了証

大寒禊修了証

終了するとすがすがしい気持ちとなり、1年無事に過ごせそうな気がする。鹿島神宮カードがなければ大寒禊に参加する事もなかったはずだ。

鹿島神宮カードはたまったポイントは全額寄付のため「お得」なカードではない。しかし、「徳を積む」方の「お徳」なカードとして保有すると良い事がありそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2023 ポイ探ニュース