You Are Here: Home » コラム » 電子マネー

交通系ICカードが最強 日本でQRコードやバーコード決済を普及させるためには?

以前、「バーコード決済・QRコード決済などのモバイル決済は日本で普及するのか?」と言う記事を書いた。 日本はポイントカード文化であり、ポイントカードのアプリ化がバーコード決済やQRコード決済の普及を妨げると言う内容だ。 このポイントカード文化と別に、QRコード決済・バーコード決済が普及しにくくしているのが交通系ICカードの存在だろう。 交通系ICカードとは? Suicaは2001年に誕生し、2017年3月31日(金)時点では6,398万枚も発行されている。電子マネー対応枚数でも6,000万枚の発行だ。 少し古いデータだが、ジェイアール東日本企画が2011年に「東京30キロ圏居住の18歳~49歳の生活者の内、85.9%がSuicaまたはPASMOを保有している」と発表してる。7年以上経過しているため、現在は9割を超えていてもおかしくない。 このSuicaやPASMOは2013年3月23日(土)より、他の交通系I ...

Read more

LINE Payのコード決済で3%のLINEポイントを追加で獲得できる! やり方を解説! ローソンではPontaポイントやdポイントを合わせると最大6%還元に

LINE Payの「マイカラー」や「コード決済」って何? LINE Payカードでの2%還元が終了し、新たに開始したのがマイカラー制度だ。LINE Payの利用状況に応じて、ホワイト、レッド、ブルー、グリーンとカラーが変わり、グリーンの場合は2%還元、ブルーの場合は1.0%還元など人によって還元率を変えてきた。 このマイカラー制度の発表から2ヶ月で大きくリニューアル。批判が多かったのだろう。また、マイカラー発表後にKyashがリアルカードを発行し、Visa加盟店で利用すると2%のキャッシュバックを行うサービスを発表し、マイカラーのグリーン以外を相当数取り込んだのではないだろうか。 このマイカラー制度のリニューアルと同時に開始したのがコード決済での3% LINEポイント還元だ。コード決済の3%はマイカラーとは別となるため、マイカラーがグリーンの場合は5%還元となる。 マイカラー 条件 マイカラー分 コード決済分 ...

Read more

Mizuho Suicaっておトク? みずほ銀行からチャージしてみた!

Mizuho Suicaとは? 2018年8月1日(水)に開始した「MizuhoSuica」。iPhone 7やApple Watch Series 2以降で利用可能だ。 従来のモバイルSuicaは、クレジットカードでのチャージが必要だったが、Mizuho Suicaはみずほ銀行口座から直接チャージができる。 では、みずほ銀行の口座からMizuho Suicaにチャージするとメリットがあるのだろうか? 例えば、ビューカードでモバイルSuicaにチャージすると、1.5%のJRE POINTを獲得できる。しかし、みずほ銀行からMizuho Suicaにチャージしてもポイントを貯めることができない。 「おトクかどうか」、と言うと「おトクではない」。 Mizuho Suicaを設定してみた みずほ銀行の口座から直接チャージしてもメリットはないが、とりあえずMizuho Suicaを申し込んで見る。 まず、みずほ銀行の ...

Read more

ドコモ口座からTHEO+ docomoの入金が可能に! ドコモ口座を使うとおトクな理由とは?

THEO+ docomoでドコモ口座入金が開始した! 2018年7月26日(木)より、THEO+ docomoでドコモ口座からの入金が可能となった。 THEO+ docomo開始の時に一番気になっていたのがドコモ口座からの入金サービスとなる。そのため、THEO+ docomoの口座を開設した。 なぜTHEO+ docomoでドコモ口座を利用する意味があるのだろうか。これを説明していきたい。 ドコモ口座とは? ドコモ口座とは、事前にチャージすることでチャージした金額の範囲内で利用できるプリペイド式のオンライン専用電子マネーだ。 銀行口座からのチャージ、ペイジーでのチャージ、コンビニでのチャージに加え、電話料金合算払い(dカード払いなどの条件あり)が可能。 なお、ドコモ口座はオンラインのVisa加盟店で利用する事もできる。10日間利用可能な使い捨てのVisaプリペイドカードが月1回まで無料で発行可能だ。 ただし、 ...

Read more

リクルートカードの2枚持ちで月3万円の電子マネーチャージ制限をクリアする

リクルートカードは、2018年4月16日(月)から電子マネーチャージ分についてのポイント付与上限を設定した。 JCBブランドであれば、nanaco、モバイルSuicaの合計金額が3万円を超える場合は、それ以上に対してポイントを付与しない。Mastercard、Visaブランドの場合はnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAに対して3万円を超える分についてはポイントが付与されなくなっている。1つの電子マネーではなく、それぞれの電子マネーの合算に対しての制限となる。 毎月というのは16日から翌月の15日までが集計期間となり、集計期間内の売上データ到着時になるため、集計期間の最終日にチャージした場合は、思い通りの結果にならない可能性があるため、できるだけ16日から数日以内に3万円チャージするのが良いだろう。 例えば、Mastercardブランドを保有している場合、楽天Edyで5,000円 ...

Read more

リクルートカードのモバイルSuicaチャージで3万円を超える分にもポイントを獲得する方法とは?

iPhone利用者であればモバイルSuicaの年会費は無料だ。このモバイルSuicaでのチャージは、Suicaアプリでクレジットカードを登録するとチャージが可能だが、クレジットカードによってはモバイルSuicaのチャージにはポイントがつかないように指定している場合もある。 そんなときに便利なのがKyashなどのVisaプリペイドカードとなる。 例えば、リクルートカード(Visa)をKyashに登録する。続いて、モバイルSuicaにKyashカードを登録。登録するにはアプリ下の「チケット購入 Suica管理」⇒「登録クレジットカード情報変更」をタップ。カード番号とカード有効期限を入力し、セキュリティコードを入力する。既にビューカードを登録し、オートチャージ設定していた場合は、オートチャージ設定を停止しなければならない。 モバイルSuicaにKyashカードを登録すると、Kyashから1円利用の通知がある。1円は ...

Read more

25万円までの税金を1枚のnanacoカードだけで支払う方法とは?

自動車税、固定資産税に続いて送られてきたのが住民税だ。筆者の中では一番やっかいなのが住民税となる。 自動車税や固定資産税は都税のため、クレジットカード納付ができる。もちろん手数料が発生するが、還元率の高いクレジットカードで支払えば手数料以上のおトクとなる。 ただし、住民税だけはクレジットカード納付ができないため、セブン-イレブンでのnanaco支払しかおトクになる方法はない。 nanacoにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードが減ってきたり、nanacoの1ヶ月20万円まで、1日3回・1ヶ月15回までのチャージ制限に引っかからないようにするのは、かなり大変だ。また、複数枚のnanacoカードに1枚のクレジットカードを登録することはできず(モバイルnanacoとnanacoカードは可)、クレジットカードを登録したり解除したり、1日待ったりと、かなり計画的に作業しなければならない。 今回、住民税は15万円 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top