You Are Here: Home » コラム » プリペイドカード

還元率3%も超える! 最強過ぎるVisaカード「Kyash Visaカード」が誕生! Kyash Visaカードの申込から利用方法までを解説

2018年6月7日(木)に開始したのが送金アプリ「Kyash」の物理カード「Kyash Visaカード」となる。 従来は、Kyashのアプリ登録でVisaカード番号をすぐに発行でき、クレジットカードを登録することで、Kyashを経由してVisa加盟店で利用することができた。割り勘でもKyashを使えば、クレジットカードでの割り勘も可能になる。 このKyashに物理カードが誕生。例えば、Kyashにリクルートカード(Visa)やリクルートカード(Mastercard)を登録すると、コンビニやドラッグストアなど、実際のお店でKyash Visaカードで支払ができると言う仕組みだ。 ただ、わざわざKyash Visaカードを経由する意味があるのだろうか? 新たに開始したのが2%キャッシュバックサービスとなる。 例えば、Kyash Visaカードで1万円利用した場合、200円が翌月にキャッシュバックされる。200円は ...

Read more

じぶん銀行からリアルタイムチャージ設定したau WALLETプリペイドカードを使ってみた!

今回は、au WALLETプリペイドカードのリアルタイムチャージを設定して、実際に使ってみたので紹介したい。 じぶん銀行とのアカウント情報リンク まず、au WALLETアプリを起動する。続いて、左側の「MENU」をタップし、「プリペイドカード」の「オートチャージ・出金の申込み」をタップする。 オートチャージや送金・払出の説明があり「オートチャージ・出金を申込む」をタップする。 じぶん銀行の口座を保有している場合は「持っている>」をタップ。 続いて、「姓・名」「姓・名(カタカナ)」「性別」「生年月日」「住所」が自動的に入力されており、「携帯電話番号」「職業」「利用目的」を入力し「次へ」ボタンをタップする。 「重要事項のご案内」をよく読み「利用規約に同意する」にチェックを入れ「次へ」をタップ。 じぶん銀行の「お客さま番号」「ログインパスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをタップする。「お客さま番号」はキャッシ ...

Read more

au WALLETプリペイドカードがMastercardブランドのデビットカードのように使える!

先日開始した、au WALLETプリペイドカードのリアルタイムチャージ。 プリペイドカードの問題点は、残高不足で支払えないことだが、リアルタイムチャージを設定すると、じぶん銀行の口座から即時でチャージされ、支払うことができる。 同じようなサービス名として、ソフトバンクカードの「おまかせチャージ」があるが、こちらも事前チャージが不要のサービスとなる。ただし、おまかせチャージの場合は、自動的にチャージされる事は同じだが、チャージ金額は後日登録の口座から引落となる。従って、クレジット機能と言う事だ。 一方、au WALLETプリペイドカードの場合は、銀行口座からリアルタイムで引落となるため、クレジット機能ではなくデビット機能となるため審査が不要となる。 ソフトバンクカード au WALLETプリペイドカード 自動チャージ機能 おまかせチャージ リアルタイムチャージ 審査 あり なし 対応の銀行 三菱UFJ銀行、三井 ...

Read more

LINE Pay外貨両替で100米ドル両替してみた 配送も早い!

先日、LINE Pay外貨両替が開始し、郵送での受取を選択して100米ドル両替してみた。 2017年7月25日(火)にLINE Payの画面から両替を行い、7月26日(水)にLINE Pay Teamから外貨を発送しましたというメッセージが到着。 日本郵政の追跡サービスで「お問い合わせ番号」を検索すると「一般書留」で郵送しているようだ。 高輪郵便局から発送され、実際に到着したのが7月28日(金)。SBJ銀行からの書留を受け取った。 内容を確認した所、さらに封筒が入っていたため開封。50ドル札1枚、10ドル札4枚、1ドル札10枚にわかれていた。 紙幣 枚数 50ドル札 1枚 10ドル札 4枚 1ドル札 10枚 1ドル札が入っているため、チップなどでも困ることはないだろう。50ドル札の代わりに20ドル札になっていると、さらに良かったと思うが、100ドル札1枚ということではなく安心した。 為替手数料のキャンペーンは ...

Read more

LINE Payの外貨両替はおトク! 今回の夏休み海外旅行は「LINE Pay外貨両替」を使おう!

2017年7月24日(月)からLINE Pay外貨両替のキャンペーンが開始している。夏休みに海外旅行を考えている方は検討してみてはいかがだろうか。 対応通貨は米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロの4通貨 両替に対応している通貨は米ドル、中国元、韓国ウォン、ユーロの4通貨のみとなる。両替レートは、2017年7月25日(火) 10:36に確認した所以下の通りだ。 通貨 通常レート キャンペーンレート Yahoo!ファイナンスでの買値 空港でのレート 米ドル 114,2600 111.2600 111.240 113.75 中国元 18.0700 16.4200 16.47 18.11 韓国ウォン 0.1029 0.0998 0.10 0.1137 ユーロ 133.4600 129.4600 129.46 133.08 キャンペーンレートを見ると、為替手数料がほとんどないことがわかる。 例えば、空港のレートを同じ時間 ...

Read more

【UPDATE】au WALLETプリペイドカードをApple Payで使うときの注意点

2017年7月4日(火)より、au WALLETプリペイドカードがApple Payに対応した。QUICPay+でのプリペイド対応は初となる。 この、au WALLETプリペイドカードをQUICPay+で利用するときには若干注意が必要となる。 理由はQUICPay+の仕様による影響だ。 QUICPayとQUICPay+は別の商品となり、Apple Payに登録したau WALLETプリペイドカードを見ると「QUICPay+」のロゴになっている。 一方、他のクレジットカードの場合、「QUICPay」のロゴとなる。上の写真と下の写真のロゴを見比べるとわかるだろう。 このロゴが紛らわしいのだが、Apple PayにはQUICPay+が搭載されている。 QUICPayとQUICPay+の大きな違いは2万円上限があるかないかだ。QUICPayは1回の決済が2万円を超える場合は決済できない。しかし、QUICPay+は2万 ...

Read more

LINE Payカード以外に併用したほうがいいクレジットカード・プリペイドカードとは…?

普段から筆者はLINE Payカードを中心に生活をしている。と言うのも、決済の際に100円につき2%のLINEポイントが還元されるからだ。 しかし、LINE PayカードはJCBブランドとなっており、西武線の駅ナカを中心にJCBのカードで支払えないこともある。そのため、LINE Payカード以外にメインで併用するカードを持つ必要があると感じている。 そこで、どのカードをLINE Payカードと併用すればいいかを考えたので、今回紹介する。 1.DCカード Jizile(ジザイル) DCカード Jizile(ジザイル)はポイントの還元率が1.5%で200円につき3ポイントが付与される。 還元率が高い以外にも、Origami Payでの決済をする際に、このDCカード Jizile(ジザイル)を紐づけしても還元率1.5%が付与される点で大変魅力的であると考えている。 逆にデメリットとしては、3点ある。1つ目はau W ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top