You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » プラチナカード

ゴルフ保険が自動付帯するクレジットカードとは? ケガだけで無くホールインワンなども補償

筆者はゴルフをしないため、プラチナカードやブラックカードに付帯する名門ゴルフ場でプレーできる特典を使う機会が無い。機会があればはじめて見たいと思うが、名門ゴルフ場でプレーする記事を書くまでにはかなり長い道のりとなるだろう。 今回は、自分はやらないが「ゴルフ保険」について紹介したい。 ゴルフ保険とは? ゴルフ保険はプレイ中のケガなどに対応する保険となる。しかし、他の保険とゴルフ保険が大きく違う点は、ホールインワンやアルバトロスの保険も付帯する点だ。 ホールインワンやアルバトロスを達成すると、達成者がパーティーを開くのが慣習となっているようだ。正直、ゴルフをやらない筆者にとっては、なぜ達成した方がパーティーを開くのかがわからないが、同伴者や仲間などにパーティーを開催したり記念品を作ったりしなければならないらしい。このパーティーなどでかかった費用を補償してくれるゴルフ保険もある。 ゴルフに特化したクレジットカードは ...

Read more

Orico Card THE PLATINUMを申し込んだ! 申し込んだ理由とOrico Card THE PLATINUMの特典とは?

2017年末に楽天ブラックカードをMastercardからJCBブランドに切り替えた。この切り替えと同時に申し込んだのがOrico Card THE PLATINUMとなる。 なぜ、Orico Card THE PLATINUMを申し込んだのか紹介しよう。 筆者は紹介するカードは基本的に保有している。プラチナカードやブラックカードも例外ではなく、実際に使ってレポートすることにしている。 この、楽天ブラックカード(Mastercard)から楽天ブラックカード(JCB)に切り替えたことで、使えなくなったのがMastercardコンシェルジュデスクだ。Mastercardコンシェルジュデスクは使い勝手が悪いため、MastercardからJCBにブランド変更をしたのだが、このままではMastercardコンシェルジュデスクの使い勝手を検証することができなくなってしまう。今後Mastercardコンシェルジュが使いやす ...

Read more

楽天ブラックカードの国際ブランドをMastercardからJCBに変更 変更するメリットは?

筆者が楽天ブラックカードを取得した時点では国際ブランドはMastercardのみであった。それが、2016年にはJCBブランドも申し込めるようになり、国際ブランドの変更をすることに。 Mastercardのメリットは世界中で使いやすい。それを、あえてJCBブランドに変更した理由は、コンシェルジュデスクにある。楽天ブラックカード(Mastercard)のコンシェルジュデスクはMastercardコンシェルジュとなる。一方、楽天ブラックカード(JCB)のコンシェルジュデスクはJCBのプラチナ・コンシェルジュデスクとなる。 この違いは意外と大きく、例えばJRチケットを手配して欲しいと言うことがMastercardコンシェルジュではできない。JCBの場合はチケット手配も可能となる。 プラチナカードやブラックカードには様々な特典があり、プライオリティ・パスが付いていたり、国際線の手荷物宅配無料サービスが付いていたりする ...

Read more

国際線の空港ラウンジを利用できる「LoungeKey(ラウンジ・キー)」を使うには?

国際線の空港ラウンジを利用できるカードとしては「プライオリティ・パス」が有名だろう。プラチナカードなどのクレジットカードにはプレステージ会員のプライオリティ・パスが付帯している場合が多い。クレジットカードが到着したら別途申し込むことによりプライオリティ・パスを入手できる。 ラウンジでは、プライオリティ・パスを提示すると、プレステージ会員の場合は本会員が無料、同伴者は1名あたり2,000円または3,000円、27米ドルなど指定の料金を支払うことで利用することもできる。 この、プライオリティ・パスのデメリットはクレジットカードとは別に、カードをもう一枚持たなければならないと言うことだ。最近では、デジタル会員証も用意されており、スマホの画面を提示することで利用できるラウンジもあるが、クレジットカードによってはデジタル会員証が対応していない場合などもあり、使い勝手はまだ悪い。 ラウンジ・キーとは? 国際線の空港ラウン ...

Read more

プラチナカードなどのクレジットカードで利用できる「プライオリティ・パス(Priority Pass)」とは? 入手方法・使い方まで解説

国際線空港ラウンジについての紹介記事を書いているときに、過去のプライオリティ・パスについての記事を紹介する予定だったが、プライオリティ・パスだけを紹介する記事が見当たらない。 そこで、一度「プライオリティ・パス」について詳しく紹介することにした。 プライオリティ・パスとは? プライオリティ・パスとは、国際線の空港ラウンジを利用できる会員制度となり、世界130カ国、500都市、1,000カ所以上のラウンジの利用が可能だ(2018年1月15日時点)。 会員であれば、航空会社や搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるメリットがある。例えば、ANAの上級会員であればスターアライアンスのラウンジを利用することはできるが、基本的にそれ以外のアライアンスのラウンジを利用することはできない。 そんなときに便利なのがプライオリティ・パスとなり、対象ラウンジで軽食が用意されていたりシャワー(設置がないラウンジもあり)を利用できた ...

Read more

プライオリティ・パスのデジタル会員証はWALLETアプリに追加できる!

今まで、プライオリティ・パスのアプリはAndroid端末にインストールしていた。しかし、ラウンジ・キーのアプリと同時にプライオリティ・パスのアプリをiPhoneにインストールし、ログインしたところ、デジタル会員証の下に「Add to Apple Wallet」と表示があった。 タップしてみたところ「Would you like to add your Priority Pass to your Apple Wallet?」とあり、WALLETアプリに追加することができるようだ。「Continue」をタップすると、デジタル会員証が再度表示されるため、上部の「追加」をタップする。 これで、WALLETアプリに追加された。WALLETアプリを起動すると、下の方に「Priority Pass」が表示されているはずだ。 これをタップすると会員証とQRコードが表示される。これをラウンジの受付で提示すれば利用可能となる。 ...

Read more

年会費が実質無料のプラチナカード! 貯めたポイントを充当すれば無料でコンシェルジュデスクも使い放題!

プラチナカードを保有するとコンシェルジュデスクを利用できたり、国内線・国際線の空港ラウンジを利用したり、2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になるサービスなども利用可能だ。 しかしプラチナカードの年会費は2万円以上と高額となる。しかし、カードによっては貯めたポイントを年会費に充当できるクレジットカードもあり、実質無料でコンシェルジュデスクなどを利用することが可能だ。 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード インビテーションが必要なクレジットカードとなり、年会費は2万円(税抜)、家族カードは3,000円(税抜)だ。 今回はカードの特典は紹介しないが、月間利用額1,000円につき1永久不滅ポイントを獲得できる。4,000永久不滅ポイントでセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費に充当できるオプションがあるため、毎年400万円決済すれば毎年年会費が無料となる。 ネットアンサーにログイン ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top