You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ゴールドカード

固定費を支払うときには要注意! アメリカン・エキスプレス・カードとダイナースクラブカードは半減する可能性も

「クレジットカードは使いすぎるかもしれないので怖い」と言う方には「固定費だけでもクレジットカード払いしましょう」と答えている。 固定費は、毎月ほぼ変わらない料金となり、クレジットカード引落にしても使いすぎる心配もない。 例えば、2人世帯以上の電気、ガス、水道の支払については、総務省統計局の2018年4月のデータによると、月間でそれぞれ11,192円、5,791円、4,967円と合計21,950円となる。1%還元のカードの場合は約220円相当のポイントを貯めることができ、年間で2,640円相当のポイントとなる。 項目 2018年4月の2人以上の世帯平均 電気料金 11,192円 ガス料金 5,791円 水道料金 4,967円 合計 21,950円 固定費の引き落としをクレジットカードに変更するだけで、これだけのポイントを獲得できるため、変更する事をおすすめする。 ただし、アメリカン・エキスプレス・カードとダイナ ...

Read more

Mastercardブランドのブラックカード WORLD(ワールド)とWORLD ELITE(ワールドエリート)の違いとは?

クレジットカードは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとステータスが別れている。 アメリカン・エキスプレスの場合は、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、プラチナ・カード、センチュリオン・カードときれいに別れる。 中には、JCBゴールド ザ・プレミアのようにゴールドなのかプラチナなのか判断のつきにくいカード(ゴールドという名称とプラチナの発行によりゴールドカードの位置づけ)や、ダイナースクラブカードのように2つのカードしかなく、ダイナースクラブ プレミアムカードはプラチナなのかブラックなのか判断つかないようなクレジットカードもある。しかし、基本的には4つのステータスで区別する事が可能だ。 ステータス アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ SURUGA Visaクレジットカード 一般カード アメリカン・エキスプレス・カード JCB一般 ...

Read more

イオン銀行、イオン銀行ポイントクラブをイオン銀行Myステージにリニューアル! イオンカードセレクト特典もこう変わる!

イオン銀行は、2018年7月1日(日)より、イオン銀行ポイントクラブをリニューアルし、イオン銀行Myステージを開始すると発表した。 毎月ステージ判定があり、1ヶ月間ステージ特典を利用することが可能だ。例えば、7月の取引月の取引実績を8月に判定。9月中に特典の利用が可能となる。 7月 8月 9月 10月 11月 取引 判定 特典適用 取引 判定 特典適用 取引 判定 特典適用 住信SBIネット銀行やスルガ銀行などが実施しているステージ制により、他行ATM入出金手数料無料回数や他行宛振込手数料無料回数などが変更となる仕組みだ。 イオン銀行Myステージは、ステージなし、ブロンズステージ、シルバーステージ、ゴールドステージ、プラチナステージの5段階。段階によって普通預金金利が0.12%になったり、他行宛振込手数料無料回数が5回になるなどの特典を利用できる。 なし ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ 必要なイオン銀 ...

Read more

AmazonではAmazon Mastercardゴールドよりもおトクに買う方法がある! 4.5%以上の還元も

筆者も保有しているAmazon Mastercardゴールドは年会費が1万円(税抜)だが、マイ・ペイすリボ登録・利用で5,000円(税抜)引き、web明細登録で6回以上明細が上がれば1,000円(税抜)引きと4,000円(税抜)でのゴールドカードとなる。 Amazon Mastercardゴールドにはプライム年会費3,900円(税込)も含まれているため、実質420円のゴールドカードというわけだ。 Amazon.co.jpでAmazon Mastercardゴールドを利用すると還元率が2.5%のAmazonポイントが貯まり、Mastercard加盟店で利用した場合は1.0%のAmazonポイントが貯まる。 また、Amazonでの「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」は何度でも無料で利用できる。 ゴールドカードなので、国内線の空港ラウンジを利用できたり、旅行保険が充実したりと特典が満載だ。 Amazon.co.jpのヘビ ...

Read more

【UPDATE 1】ミライノ カードを徹底比較! JCBとMastercardはどっちを選ぶ?

住信SBIネット銀行がミライノ カードのMastercardブランドを発行した。従来のJCBブランドとラインナップやスペックが同じだと思っていたが、プラチナカードがなかったり、ゴールドカードの年会費が違うなど多くの違いがあることがわかった。 そこで、ミライノ カードのJCBとMastercardを徹底比較。どのカードを保有するのが最適かを考えたい。 ミライノ カードのサイトを見ると、それぞれのスペックを一覧で見ることができないので、それぞれのページの情報を表にまとめた。 一般カード ゴールドカード プラチナカード ミライノ カード(JCB) ミライノ カード(Mastercard) ミライノ カードGOLD(JCB) ミライノ カード Travelers Gold ミライノ カードPLATINUM(JCB) 対象者  高校生を除く18歳以上  高校生を除く18歳以上  学生を除く20歳以上 高校生を除く18歳 ...

Read more

【UPDATE 1】住信SBIネット銀行を使いこなすには? ミライノ カードGOLDは必須 プレミアムサービスに加入すべき?

筆者は、住信SBIネット銀行をよく利用している。その住信SBIネット銀行が、2018年6月には有料のサービスだが「プレミアムサービス」を開始すると発表した。 今回は住信SBIネット銀行の使いこなし術を紹介し、「プレミアムサービス」を利用すべきかを検証する。 住信SBIネット銀行で重要なのはミライノ カード まず、住信SBIネット銀行を使いのなすのであれば、ミライノ カードを申し込もう。特におすすめがミライノ カードGOLDだ。年会費は3,000円(税抜)だが、年間100万円以上の利用で次年度無料となる。 月間利用額1,000円につき5ミライノ ポイントを獲得でき、1ミライノ ポイントは1円として支払総額から差し引きすることが可能だ。例えば、3,000円のクレジット利用があり、1,000ミライノ ポイントを交換した場合、2,000円の支払いとなる。キャッシュバック系のクレジットカードとなるが、還元率は0.5%と ...

Read more

プレステージ・ゴールドの「無料お食事ご招待券」で鉄板焼きを堪能 しかし、プレステージ・ゴールドは解約することに

プレステージ・ゴールドの「無料お食事ご招待券」で予約した「青山牛彩」。実際に行ってみたので紹介したい。 「無料お食事ご招待券」の料理は? 「無料お食事ご招待券」の青山牛彩のコース料理はプレミアムコース+乾杯シャンパンとなる。 webサイトでメニューを確認すると「鉄板焼 常陸牛プレミアムコース」が該当する。 先付、本日の前菜、フォアグラ、伊勢海老、鮑、旬の焼野菜盛り合わせ、常陸牛サーロイン(60g)とテンダーサーロイン(60g)、サラダ、ガーリックライス・伊勢海老のお椀・香の物、デザート盛り合わせ、コーヒーまたは紅茶となり、18,000円(税抜)にサービス料が10%加算される。 「無料お食事ご招待券」の場合は、これに加えて乾杯シャンパンがプラスされた特別メニューとなる。 内容は非常に満足だ。大人料金は無料となるが、個室料金と子供のご飯、ドリンクを追加したため、2万円近い支払いになった。支払時には、無料お食事ご招 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top