You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » Google PayでKyashカードやJCBカード、ジャックスカードの登録方法・削除方法

Google PayでKyashカードやJCBカード、ジャックスカードの登録方法・削除方法

Google PayでKyashカードやJCBカード、ジャックスカードの登録方法・削除方法

2018年10月9日(火)から開始したGoogle Payにクレジットカードを登録し、実店舗でQUICPayとして利用できるサービスが開始した。

コンビニに行くときに決済用のカードを持たずにクレジットカード決済ができるようになり便利になった。

今回は、Kyashカード、JCBカード、ジャックスカードの登録を行ってみたので紹介したい。

Google Payにカードを登録する方法1

まず、Google Payのアプリを起動する。下に「支払い」タブがあるためタップ。

続いて「+お支払い方法」をタップ。

カードの読み取り画面が表示されるため、枠内にカードが収まるように配置する。エンボスのあるクレジットカードは比較的スムーズにカード番号、有効期限を認識するが、エンボスがないカードや色味が薄いカードなどは「カード情報を手動で入力する」をタップして、手で入力しよう。

利用規約が表示されるため、最後まで読み「保存」をタップ。

続いて、QUICPayの設定画面となる。「続行」ボタンをタップする。

なお、QUICPay未対応のクレジットカードを登録した場合は「このカードは非接触型決済用として設定できません」のメッセージが表示され、QUICPayの設定はできない。

QUICPayの規約画面が表示されるため、最後まで読み「同意する」をタップする。規約はJCB、ジャックス、Kyashで全て異なっている。

登録が完了すると一覧画面に登録したカード券面を確認できるはずだ。Apple Payと同じで、全く同じ券面ではない場合もある。

Google Payにカードを登録する方法2

既に、Google PayにJCBカードやジャックスカードを登録していた場合、VISAやJCBのブランドロゴ横にある「非接触型決済用に設定」をタップする。

「カードの詳細の確認」画面が表示されるため「CVC」にセキュリティコードを入力し、利用規約を確認後「次へ」ボタンをタップする。

後は、「方法1」の「QUICPayの設定画面」と同じ操作を行えば良い。

Google PayのQUICPay登録でエラーになった場合は?

開始当日は、カードを登録してもQUICPayの登録ができない場合があったが、この不具合は既になくなっているはずだ。

それ以外でもエラーが起きることがあり、Google Payにカードが登録でき、QUICPayが正常に登録できないパーンがある。カード券面は登録されているが、QUICPayが利用できない状態となっている。

その場合は、カード一覧に「有効化が必要です」のメッセージが表示される。

この「有効化が必要です」をタップすると、そのまま続きの処理が走り、QUICPayが利用できるようになる。なお、ネットワークでのエラー時の不具合の可能性が高いため、ネットワークが繋がるときに行うと良い。

Google Payのメインカードを設定・変更する

Google PayでQUICPayを店頭で利用したい場合は、メインカードに設定する必要がある。「QUICPayで」と伝えた場合、メインカードに設定したカードが使われる。

Google Payのカード一覧に「Q+」のマークが表示され、ブルーになっているカードがメインカードだ。グレーになっているカードはサブカードという位置づけとなり、店頭で決済するときには使われない。

今回、KyashからJCBザ・クラスにメインカードを変更してみた。まず、変更したいカードをタップする。タップ後に表示される「QUICPayのメインカード」の右にあるスライドボタンを操作しONにする。

「メインカード設定を変更しています」の画面が表示され、「JCB…**** をメインカードに設定しました」とメッセージが表示される。

これで、店頭で「QUICPayで」と伝えて、かざすと、JCBザ・クラスで支払われるようになる。

Google Payのメインカードを変更できない場合は?

筆者は、メインカードを設定しようとしたところ、「現在、他のアプリでJCBカードがメインカードとして設定されています。他のアプリでJCBカードのメインカード設定を解除してください。」の表示が出て変更できなかった。

どのアプリでエラーになっているのかが表示されないが、おそらく「みずほWallet for Android」が原因だろう。

Smart DebitでQUICPayが設定されており、アプリを起動すると「メインカード」と表記がある。

カード右上にある(i)ボタンをタップするとメニューが表示される。メニュー内にある「メインカード解除」ボタンをタップする。

「このカードのメインカードの設定を解除しますか?」のメッセージが表示されるため「解除」ボタンをタップ。数十秒程度で設定が完了。完了後は「メインカード」と表示されていた部分に「メインカードに設定されていないため、このカードでは決済できません」の表示が出てくる。

この設定を行ってから、Google Payでのメインカード設定を行うことで設定が完了した。

Google Payからカードを削除する

登録カードを削除するには、該当のカードをタップする。右上にある縦の「…」ボタンをタップ。

「お支払い方法の削除」メニューを選択すると、「このお支払い方法を削除しますか?」のメッセージが表示されるため「削除する」をタップする。

これでカードが削除される。なお、メインカードを無効にした場合、他のカードがメインカードになるわけではないため、メインカード設定を別途行う必要がある。

Google PayのQUICPayだけを無効にする

非接触決済機能だけを無効にすることも可能だ。Google Play等でカードを利用するが、非接触機能は必要ない場合は非接触型決済だけを無効にしよう。

該当のカードをタップする。右上にある縦の「…」ボタンをタップ。

「非接触型決済を無効にする」メニューを選択すると、「非接触型決済を無効にしますか?」のメッセージが表示されるため「無効にする」ボタンをタップする。

カード券面画像がなくなり「非接触型決済で支払ができるよう JCB… ***を設定します」の画面が表示され、非接触で利用する事はできなくなった。

なお、メインカードを無効にした場合、他のカードがメインカードになるわけではないため、メインカード設定を別途行う必要がある。

次回は、Google PayのQUICPayなどを利用した決済や注意点などを紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 764

© 2013 ポイ探

Scroll to top