You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » カフェでAmazon Payを使ってみた! Amazon Payを使えるクレジットカードや使い方は?

カフェでAmazon Payを使ってみた! Amazon Payを使えるクレジットカードや使い方は?

カフェでAmazon Payを使ってみた! Amazon Payを使えるクレジットカードや使い方は?

2018年8月29日(水)から開始したAmazon.co.jpのコード決済サービス「Amazon Pay」。Amazon Payと言う名称は以前から利用されており、オンラインショッピング時にAmazonアカウントでログインして決済するサービスも含まれる。

例えば、アディダスオンラインショップで購入する際に、「Amazonアカウントでお支払い」と言うロゴがある。

これをクリックするとAmazonアカウントのログイン画面が表示され、アディダスオンラインショップでクレジットカード情報などを入力する必要はない。また、送付先もAmazon.co.jpのアカウントに登録されているアドレス帳から選択することもでき、支払先も入力不要だ。

このAmazon Payを実店舗で利用できるサービスが今回開始したサービスとなる。

まず、Amazon Payのコード決済サービスを利用するにはAmazonショッピングアプリが必要だ。ダウンロードしておこう。Amazonショッピングアプリの機能は「Amazon スタート→活用 完全ガイド(できるシリーズ)」で詳しく紹介している。

続いて、アプリを起動しログインする。「三」のメニューから「プログラムと特典」⇒「すべてを見る>」をタップ。「プログラムと特典」にある「Amazon Pay」をタップしよう。

QRコードとバーコードが表示される。これを店舗のタブレット端末で読み取ってもらうことで支払うことができる。支払方法は画面下にある「お支払い方法」に表示されているクレジットカードとなるが、タップすることでカードを登録したり、変更したりすることも可能だ。

筆者が実際に登録したカードを選択してみたところ、Visa、Mastercard、JCB、American Expressは利用できるが、銀聯(Union Pay)とDiners Clubは変更しても有効とならなかった。また、Amazonギフト券は利用することができない。

続いてAmazon Payを使えるお店を探す。現時点では使えるお店一覧などはないため、NIPPON PAYの広報に確認した。東京都内で利用できる店舗としては白金台にある「Shirokane Lounge(白金ラウンジ)」だ。6:30~9:30までの3時間だけ営業しているカフェとなる。

早速お店に行ってきた。

窓には、Square、WeChat Pay、LINE Pay、Alipay、Amazon Payが使えるシールが貼られている。なお、pringにも対応しているようだが、設定をしていないので使えないとのこと。

カウンターにも「amazon pay」のロゴが。その横にはNIPPON Tabletの端末もあった。

早速コーヒーを注文。Amazon PayのQRコードを表示させ待機。店長がNIPPON Tabletに金額を入力してQRコードを読む。

これで支払が完了。

NIPPON Tabletの方には決済完了メッセージが表示されているが、Amazonショッピングアプリは何も変化がない。通常はプッシュ通知で利用に関する案内があるようだが届かなかった。メールでも通知があるようだが、メールも届かない…、と思っていたが、約2時間程度の遅れで到着。

また、Amazon Payの利用明細を見ると、販売事業者に「SHIROKANE LOUNGE」と表示され「完了」となっていることも確認できた。

ちょっと不安定な動作が気になるが、店長に確認すると、既に利用したお客さんもいるとのこと。

現時点でAmazon Payを利用できる店舗は数十店舗と限られているが、NIPPON Tabletは既に15,000台の実績がある。今後、Amazon Payを利用できる店舗も増えていくだろう。

なお、Amazon Payを利用しても、Amazonポイントを獲得することはできない。もちろん、登録済みのクレジットカードのポイントは獲得可能だ。もし、支払クレジットカードとしてAmazon Mastercardを登録していた場合でも獲得できるAmazonポイントは1.0%と、一般加盟店としての扱いとなる。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 764

© 2013 ポイ探

Scroll to top