You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » クラブオフ(Club Off)でプーシキン美術館展の割引チケットを購入! 前売券よりも安く買えるクレジットカードとは?

クラブオフ(Club Off)でプーシキン美術館展の割引チケットを購入! 前売券よりも安く買えるクレジットカードとは?

クラブオフ(Club Off)でプーシキン美術館展の割引チケットを購入! 前売券よりも安く買えるクレジットカードとは?

上野の東京美術館で2018年7月8日(日)まで開催されているプーシキン美術館展に行くことにした。プーシキン美術館展のサイトを確認すると当日券としては、一般1,600円、大学生・専門学校生で1,300円などとなる。中学生以下は無料だ。

■東京会場

種別 当日券 前売券
一般 1,600円 1,400円
大学生・専門学校生 1,300円 1,100円
高校生 800円 600円
65歳以上 1,000円 800円
中学生以下 無料

前売券は2018年4月13日(金)で終了しており、安く購入できる方法を探すことに。

美術館や水族館などのチケットをを安く買う方法として、クラブオフ(Club Off)やベネフィット・ステーション(J’sコンシェル)、JTBのチケットサービスなどがある。

早速、クラブオフ、ベネフィット・ステーション、JTBのチケットサービスで安く購入できるかを確認した。

チケットサービス 一般料金(東京会場)
公式サイト 1,600円
クラブオフ(Club Off) 1,300円
ベネフィット・ステーション
JTBのチケットサービス 1,600円

クラブオフ(Club Off)だけが、前売券よりも安いチケットが用意されていた。大学生・専門学校生が990円、高校生は540円、65歳以上は720円と大幅に割り引かれている。

このチケットを申し込むにはクラブオフのネットで申し込み、クレジットカードによる決済も可能だ。

「申し込みはこちら」から処理することで、1週間程度で郵送されてくる。チケットを見ると前売券と言う事がわかるが、さらに100円引きだ。

当日になって「今日、安く行きたい」と言う事はできないが、1週間後くらいであれば、まだ十分割引価格でのチケット購入も可能だろう。

同じく、大阪の国立国際美術館でも2018年7月21日(土)~10月14日(日)までプーシキン美術館展が開催されるが、こちらも前売券よりも安いので、クラブオフを利用できるクレジットカードなどを保有している場合は、こちらから申し込んだ方が良いだろう。

■大阪会場

種別 当日券 前売券 クラブオフ
一般 1,500円 1,300円 1,200円
大学生・専門学校生 1,200円 1,000円 900円
高校生 600円 500円 450円
中学生以下 無料

チケットが郵送されてきたら、期間中にチケットを持って行けば良い。

国立美術館は常設展の場合、写真撮影がOKな所も多くなっているが、今回のような企画展では写真撮影がNGの場合が多い。プーシキン美術館展も写真撮影はNGだったが、最後に写真スポットが用意されていた。ハッシュタグの「#プーシキン美術館展」も用意されているなど、SNS用だろう。

さて、クラブオフを利用できるクレジットカードだが、筆者が利用したのはアメリカン・エキスプレスのビジネス・プラチナ・カードとなる。年会費は13万円(税抜)となるため、クラブオフのためだけに申し込むのはおすすめしない。

年会費無料のクレジットカードで考えると、majica donpen card(マジカ ドンペン カード)が初年度無料、2年目以降は年1回の利用で無料となる。コメリカードも同様だ。初年度無料、2年目以降は1回以上のクレジット利用があれば500円(税抜)が無料。京王パスポートVISAカードも初年度無料、翌年度以降1回以上の利用で無料(それ以外は239円+税)で保有可能だ。

クレジットカードの保有だけでなく、自動車保険やプロバイダーの加入などでも利用できる場合もある。ソニー損保、そんぽ24、NTTイフ、三井ダイレクト損保、J:COM、ケーブルテレビ、UCOM光などの加入者はクラブオフを利用可能だ。

ジャパンネット銀行(個人)を利用している場合、前月末時点の預金残高が10万円以上でも利用できるなど、様々なサービスに付帯している場合も多いため、自身の契約しているサービス+クラブオフで検索してみると良いだろう。

クラブオフの初回登録時に、サービスにログインしなければならない場合など、それぞれ使い方が異なるため、ログイン画面で利用方法について確認が必要だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 764

© 2013 ポイ探

Scroll to top