You Are Here: Home » コラム » Garmin Payが開始! vívoactive 3で三菱UFJ-VISAデビットを設定してみた

Garmin Payが開始! vívoactive 3で三菱UFJ-VISAデビットを設定してみた

Garmin Payが開始! vívoactive 3で三菱UFJ-VISAデビットを設定してみた

GARMIN(ガーミン)は、自動車・航空機・船舶・フィットネス・アウトドアレクリエーション・無線アプリケーションなどの製品を展開し、数百万台のGPS受信機を製造・販売してきたGPS機器のメーカーとなる。

このGARMINが新たに展開する腕時計ForeAthlete 645/645 Music、vívoactive 3で非接触決済サービス「Garmin Pay」を2018年5月28日(月)より開始した。

Apple Watch Series 2以降で利用可能なApple Payのように、腕時計だけで決済できるサービスとなり、世界中のVisaのタッチ決済(Visa payWave)対応店舗で利用可能となった。

今回、vívoactive 3でGarmin Payを設定してみたので紹介したい。

1.Garmin Pay対応機種は?

現時点では、2018年5月24日(木)発売のForeAthlete 645、ForeAthelete 645 Musicと2018年1月25日(木)発売のvívoactive 3のみがGarmin Pay対応機種となっている。

対応製品を順次拡大していく予定だ。

2.Garmin Payを利用できるカードは?

Garmin Payを起動し、追加画面を確認すると、Visa・Mastercardの表記がある。

ただし、2018年5月28日(月)時点ではVisaブランドの中でも三菱UFJ銀行が発行する「三菱UFJ-VISAデビット」のみが対象となっている。それ以外の発行カードも登録画面までは行くが、対象外のメッセージが表示されて登録できない。

今すぐGarmin Payを利用したい場合は三菱UFJ-VISAデビットを申し込むしかない。

三菱UFJ-VISAデビットは、三菱UFJ銀行の口座を保有していると申し込むことができるVisaデビットカードとなり、年会費は初年度無料、2年目以降は1,000円(税抜)となる。ただし、24歳未満の場合や年間10万円以上の利用がある場合は2年目以降も無料となる。

なお、決済利用時にはショッピング利用金額の0.2%が自動的にキャッシュバックされる。誕生日月は0.1%上乗せだ。さらに、前年1年間で20万円以上利用していると0.05%が上乗せ、30万円以上利用していると、さらに0.05%が上乗せとなる。

年間30万円以上三菱UFJ-VISAデビットを利用している場合は0.3%のキャッシュバックとなり、誕生日月は0.4%のキャッシュバックを受けられる。

優待 キャッシュバック率
基本 0.2%
入会後3ヶ月間 +0.2%
前年1年間利用10万円以上 年会費無料
前年1年間利用20万円以上 +0.05%
前年1年間利用30万円以上 +0.05%

なお、現在三菱UFJデビットの入会後、1ヶ月間に3回利用すると500円、その金額が1万円(税込)以上の場合は、さらに1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施中だ。エントリーが必要なので注意しよう。

3.vívoactive 3を設定する

Garmin Payが開始!と書いたものの、筆者はGARMIN自体保有していない。従って、vívoactive 3を購入した。

ケースを開けると、腕時計の他、説明書や充電器などを確認できる。充電はUSBケーブルで行うが、腕時計の後ろのコネクタに差し込むようだ。

右のボタンを長押しすると電源がONに。言語選択の次に「スマートフォンとペアリングしますか?」と表示される。スマートフォンアプリで「Garmin Connect」を事前にダウンロードしておこう。

Bluetoothペアリングの画面が表示され、vívoactive 3に表示されているコードを入力してペアリングする。

ペアリングが完了したら、Garmin Connectでの設定だ。カレンダーのアクセス権や位置情報を許可するか、プロフィールの写真・性別・身長・体重などを登録していく。これでGARMINの設定は完了だ。

4.Garmin Payを設定する

続いて、Garmin Payを設定する。Garmin Connectアプリの上部にある時計のアイコンをタップする。

メニューの真ん中当たりに「Garmin Pay」があるためタップ。

「ウォレットの作成」をタップする。パスコードの登録が必要となるので4桁のパスコードを2回入力。「国/地域リスト」から「日本」を選択。カードの登録画面が表示され、VisaとMastercardが選択できるが「Visa」をタップ。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し、「次へ」ボタンをタップ。三菱UFJ-VISAデビット以外のカードを登録すると、「この発行銀行はまだGarmin Payに参加していません。もう一度確認してください!」とエラーが表示される。

三菱UFJ-VISAデビットの情報を入力すると名前、住所(オプション)、郵便番号の入力画面が表示されるため、入力後に「送信」ボタンをタップする。

利用規約の画面が表示されるため「承諾」をタップ。登録画面では利用者の確認画面となるためメールアドレスや電話番号などで認証を行う。筆者はメールアドレスでの認証を選択した。

登録済みのメールアドレスにコードが送信されてくるため、そのコードを入力。

これでGarmin Payで三菱UFJ-VISAデビットが有効化された。

5.Garmin Payでの支払方法は?

Garmin Payを利用する場合は、vívoactive 3の右側にあるボタンを長押しする。ウォレットのアイコンをタップすると、「4」で登録したパスコードが聞かれるのでパスコードを入力。

入力を間違えた場合は、右側のボタンを押すと1文字削除できる。

「リーダーにかざしてください」の画面が表示されるため、、マクドナルドなどのVisaのタッチ決済対応加盟店では「Visaで支払います」と言って、端末にかざすと決済が完了する。

1分以内に支払いしなければ、再度同じ手順でウォレットにアクセスする必要がある。ただし、腕時計を装着している場合は24時間以内に限り、パスコードの再入力は必要ない。

Google PayでSuicaやWAONが利用できたり、今後JCBカード、ジャックスカードでQUICPayに対応するなど非接触決済の動きが激しい。

新たに対応するときにはキャンペーンなども実施する事も多いため、新たな決済サービスは注意しておくと良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 696

© 2013 ポイ探

Scroll to top