You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » スキー・スノーボードでのケガ クレジットカードの保険が利用できる場合とは?

スキー・スノーボードでのケガ クレジットカードの保険が利用できる場合とは?

スキー・スノーボードでのケガ クレジットカードの保険が利用できる場合とは?

子供も大きくなり、家族でスキーに行くことに。大人だけで行くのと違い、子供用のヘルメットも購入。次に考えたのが保険だ。保険と言ってもクレジットカードの付帯保険。クレジットカードの保険だけでスキーでのケガに対応できるのか調べてみた。

スキー保険とは?

まず、「スキー保険」で検索すると、様々な保険プランが出てくる。例えば、Yahoo!ウォレット登録者用保険「ちょこっと保険」にスキー・スノーボードプランがある。

補償内容は、傷害死亡保険金・傷害後遺障害保険金、傷害入院保険金、傷害通院保険金、携行品損害保険金、個人賠償責任保険、救援者用等保険金とある。

障害死亡保険金や傷害後遺障害保険金はスキー・スノーボード中での死亡や後遺障害に対する補償だ。入金・通院保険もわかりやすい。携行品損害保険金はスキー板やスノーボードの破損などに対する保険、個人賠償責任保険は自分ではなく他人を傷つけてしまったと言う場合となる。

救援者用等保険金は遭難時の捜索費用などとなり、ファミリーゲレンデで滑っている場合にはあまり必要ないのでは無いと思われる。

本人だけでなく家族をサポートするタイプもあり、補償金額をアップすれば掛け金もアップする。

国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険

では、「北海道スキー○日間」「電車で行くスキー」などのパッケージツアーの場合を考えてみたい。例えば、JCBザ・クラスの場合「被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中に傷害を被り、右記の(1)~(5)に該当した場合」が該当するだろう。

ただし、「保険金をお支払いできない主な場合」に「■危険なスポーツ中のケガ」と注意書きがある。危険なスポーツには、

山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマーなどの登山用具を使用するもの)、リュージュ、ボブスレー、スカイダイビング、ハングライダー搭乗、超軽量動力機(モーターハングライダー、マイクロライト機など)搭乗、ジャイロプレーン搭乗その他これらに類する危険な運動

とあり、スキーやスノーボードは入っていない。

従って、スキーツアーやスノーボードツアーの代金をクレジットカードで決済していれば、国内旅行傷害保険付き・海外旅行傷害保険付きのクレジットカードであれば補償されることになる。念のため、2つのカード会社に確認したが、そのような認識で合っているとのことだった。なお、JCBザ・クラスのように国内旅行傷害保険が自動付帯であればカードを保有しているだけで補償される。

ただし、国内旅行傷害保険の場合、賠償責任は付帯しないため、スキー中にケガをさせたと言う場合は補償の対象外となる。やはり、その辺りがスキー保険との違いというわけだ。

日帰りスキーやパッケージツアー以外のスキーの場合

続いて、自家用車で日帰りスキーに行ったり、電車とホテルを自分で組み合わせた場合のスキー旅行について考えよう。

電車とホテルをクレジットカードで支払った場合は、国内旅行傷害保険では以下の項目が該当する。

上記を見ると、電車の乗車中・飛行機搭乗中でのケガ、ホテルや旅館での滞在中のケガについては対象となるが、それ以外は補償対象外となる。つまり、スキー中の事故は対象とならないと言うことだ。

この場合は、スキー保険に別途加入した方が良いだろう。

今回は、友人家族とのパッケージツアーを使ったスキー旅行となるため、クレジットカードの旅行保険で対応可能だろう。

最近では「自転車保険」「スキー保険」など特化した保険も多いが、まずは加入している保険やクレジットカードの保険をよく確認してみよう。実は重複していたと言うこともあるはずだ。

次回はスキー保険が付帯するクレジットカードを紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 784

© 2013 ポイ探

Scroll to top