You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » 羽田空港の「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」を利用してみた 子供がいてもラウンジを満喫できる!

羽田空港の「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」を利用してみた 子供がいてもラウンジを満喫できる!

羽田空港の「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」を利用してみた 子供がいてもラウンジを満喫できる!

先日、能登に行ったが北陸新幹線ではなくANA便で「のと里山空港」を利用することにした。

宿泊先の加賀屋のアクセスを考えて飛行機を利用したが、もう1つ目的があり、ANA LOUNGE内の「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」を利用することだ。羽田空港の国内線ターミナル(第2ターミナル)には、62番ゲート前のANA LOUNGE(本館南)と60番ゲート前のANA LOUNGE(本館北)の2カ所ある。このうち、「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」が設置されているのはANA LOUNGE(本館南)。ANA LOUNGE(本館北)には設置されていないので注意しよう。

今回、搭乗ゲートは68番であったため62番ゲート前のANA LOUNGE(本館南)は利用しやすかった。ラウンジ入口では子供3人分のオリジナルデザインシールをもらえる。

ちなみに、筆者はANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードを家族分も保有しているが、同伴者が3名となるため2,000マイルが必要となり、今後も家族旅行では毎回マイルが必要となってしまう。

ラウンジ利用手続き後に右手に進むと「STAR WARS ANA Kids LOUNGE」を確認できるだろう。「STAR WARS ANA Kids LOUNGE」のマットのところが入口だ。

自動ドアを開けるとキッズスペースが。まず目を引くのが体を動かすスペース。マットが敷き詰められており、小さな滑り台が2台。筆者が行ったときには3家族程度が利用していた。奥の飛行機が描かれているカ所はガラスとなっている。もし、子供がいない場合でも、キッズラウンジを見たい場合は、化粧室に続く通路側からのぞいてみると良いだろう。

入口正面には小さい椅子とテーブルがある。テーブルには本棚が設置されており絵本や塗り絵と色鉛筆が3セットほど置いてあった。また、折り紙はサンプルも用意されているため、サンプル通りに折ることも加能だ。その他、大きめのレゴブロックがあった。

キッズスペース内は飲食禁止マークも見当たらなかったため、入口右側の小さいテーブルスペースで飲食もできるだろう。

なお、キッズラウンジはJALのさくらラウンジにもあり、子供がいてラウンジを利用しにくいと言う人には人気となっている。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 745

© 2013 ポイ探

Scroll to top