You Are Here: Home » プリペイドカード » JAL、SBIグループと共同持株会社「JAL SBIフィンテック」を設立 国際ブランド付きプリペイドカード事業へも参入

JAL、SBIグループと共同持株会社「JAL SBIフィンテック」を設立 国際ブランド付きプリペイドカード事業へも参入

JAL、SBIグループと共同持株会社「JAL SBIフィンテック」を設立 国際ブランド付きプリペイドカード事業へも参入

JALとSBIホールディングスは、共同持株会社を設立し、2018年度に国際ブランド付きのプリペイドカード事業に参入すると発表した。

JALとSBIグループは、ユーザーに旅や日常における利便性といった新たな価値を提供すべく、共同持株会社「JAL SBIフィンテック」を設立。両グループで、金融分野における新たなサービス提供に取り込む。

第1弾として、JAL、JAL SBIフィンテックとSBIグループ傘下の住信SBIネット銀行の3社は、共同事業会社「JALペイメント・ポート」を設立し、2018年度に国際ブランド付きのプリペイドカード事業に参入する。

スマートフォンなどでいつでもどこでも外貨両替ができ、ドルやユーロなど、複数の通貨に対応する。また、日本円でも、両替した外貨でもプリペイドカードで決済でき、利用金額に応じたマイルを付与する。両替した外貨は、海外のATMで現地通貨で引き落とすことも可能となる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。

エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 4407

© 2013 ポイ探

Scroll to top