You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 電子マネー切り替え時に確認したいポイントを取り逃さないための登録内容変更サイト

電子マネー切り替え時に確認したいポイントを取り逃さないための登録内容変更サイト

電子マネー切り替え時に確認したいポイントを取り逃さないための登録内容変更サイト

2017年4月より、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」でのPASMOオートチャージにJALマイルが付与されなくなった。

それに伴い、筆者は日々利用する交通系電子マネーをPASMOからSuicaへと変更した。クレジットカードの変更も並行して行ったため、口座切り替えなどの手続きが多数ある中でポイントを貯めていくための登録情報変更も数サイト分実施した。

手続きが必須でないためついつい後回しになってしまいがちだが、カード変更のタイミングで情報変更が漏れていると、今まで獲得できていたポイントが獲得できなくなってしまう。

当記事を元に、カード切り替え時のチェックや、最新情報が反映されているかどうか確認してほしい。

1.電車とバスで貯まるTOKYU POINT/乗ってタッチTOKYU ポイント

電車とバスで貯まるTOKYU POINTは東急電車・バスの利用に応じて東急ポイントや「のるる」というプレゼント応募や非売品グッズに交換できるポイントが貯まるポイント、乗ってタッチTOKYU POINTは、東急線を利用した日に東急グループの店舗に設置してある専用端末にタッチすることで東急ポイントが付与されるサービスだ。

ネット・専用端末に登録されてあるPASMO番号を新しいSuica番号に切り替えないと、乗車してもポイントが付与されなくなる。

実はこのサービスはPASMOからSuicaに変更したことで利用できないと思っていたサービスであるが、Suicaの登録も可能であるため、新しいSuicaの情報へと切り替えた。

2.Suicaポイントクラブ

保有しているSuicaを別途、登録することによって、加盟店でのSuica決済でSuicaポイントが貯まるようになるサイトである。2017年12月にJRE POINTに統合されることが決まっているが、数か月のポイント付与の漏れも無いように内容を変更したい。

駅の自販機、エキュート、ニューデイズ、車内販売、お土産屋などJR東日本の駅まわりでSuicaを利用することで気づけばポイントが増えているので、忘れずに所持しているSuicaを登録したい。Suicaはモバイル・カードの両方も、またカードも複数枚登録が可能となっている。筆者はサブカード含め3枚登録している。

3.acureメンバーズ

JR東日本の自動販売機で飲料を購入するごとにポイントが貯まるサービスだ。ポイントに応じてプレゼントの応募や、飲み物との交換が出来る。最大3枚の電子マネー情報が登録でき、全国の主要な電子マネーの登録が可能なため、最近発行したnimocaカードを念のため追加登録しておいた。

カード切り替えによる電子マネー利用時のポイント二重取り機会損失を防ごう

クレジットカード切り替え等の電子マネー切り替えは、引き落とし先変更など必須の手続きが多いこともあり、こういったポイントサービスの登録変更は後回しになりがちだ。

しかし、日々の電子マネー利用でこつこつ貯まるこれらのサービスは使えば使うほどもったいない決済が増えていくことになる。カード切り替え時に合わせて設定を行っておきたい。直近変更を行っていない方も、最新のカード情報が登録されているか、記事を参考に確認してみてはいかがだろうか。

About The Author

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

Number of Entries : 52

© 2013 ポイ探

Scroll to top