You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ラグジュアリーカードをタイムズ駐車場で使ってみる 詰まることもなく普通に利用可能

ラグジュアリーカードをタイムズ駐車場で使ってみる 詰まることもなく普通に利用可能

金属製のラグジュアリーカードは通常のクレジットカードと同じ厚みとなる。実際にサイズを確認すると、同じ厚みであることを確認することができる(左側がラグジュアリーカード、右側が通常のクレジットカード)。

ラグジュアリーカードの厚みは通常カードと同じ

厚みが同じということで、ATMや券売機などでも正常に使えるという触れ込みだったため、今回はタイムズの駐車場で使ってみることにした。

まず、タイムズクラブの会員証を入れる。続いて、ラグジュアリーカードを入れると、1回目はいつもとちょっと違う音がした。「あ、詰まったかも」と感じたが、特に問題なくカードが出てきて、ロック版が下がることも確認した。

また、2回目(上部の動画)については、普通のカードと変わらない音で処理されており、特に気になることもなかった。

ラグジュアリーカードは金属製のカードを意識すること無く、どこでも使えることが確認できた。

【追記】

2016年11月22日時点で、Times24、三井のリパーク、昭和シェル石油、エッソ・モーグル・ゼネラル、ファミリーマート、ドン・キホーテで利用できないと記載があるが、筆者が利用したタイムズでは問題なかった。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 639

© 2013 ポイ探

Scroll to top