You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にあるアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」にはラウンジが用意されている。

2016年9月2日(金)より利用可能となっていたため、3連休でUSJに行くことにした。今回はザ・フライング・ダイナソー内に設置されているJCBラウンジを利用したので紹介したい。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジはどこにある?

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ看板USJの入口から真っすぐ歩き、ニューヨーク(NEW YORK)エリアを通り、サンフランシスコ(SAN FRANCISCO)エリアからジェラシックパーク(JURASSIC PARK)エリアに向かう。橋を渡ると直ぐに「JCB LOUNGE」と大きな看板がある。

東京ディズニーリゾートのラウンジは、知っている人にしかわからないようなインターホンが用意されていたり、スタッフに声をかけなければ案内されないなど、隠れた特典となっているが、誰でも見られるようなところに案内板があり、少し驚いた。はじめての利用でも迷うことはないだろう。

アトラクション搭乗後に実際のザ・フライング・ダイナソーの入口を確認したが、矢印とは逆にあったため、この看板が用意されたのかもしれない。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ入口案内板に従って歩いていくと、前からたくさん人が歩いてくる。つまり、出口付近ということだ。そのまま前に進むと黄色い扉に「JCB LOUNGE」と案内がある。近くにスタッフがいたため、ラウンジの利用を伝えると、黄色い扉を開けてくれ、中に案内される。

後で気がついたが、扉の右側に休憩所があり、そちら側からも入ることができ、やはり隠された感じは無い。

黄色い扉の向こうは通路になっており、さらに左側に扉がある。そこがJCB LOUNGEとなっている。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの設備は?

入室後、受付があり、受付の左(奥)にトイレ、受付の右には休憩スペースがある。休憩スペースでは雑誌やガイドブックの閲覧が可能だ。

ザ・フライング・ダイナソーのUSJラウンジ内

正面のテレビではザ・フライング・ダイナソーのアトラクション紹介やUSJのハロウィン貸し切りイベント情報等が紹介されていた。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ雑誌コーナー

また、ソフトドリンクも用意されており、コーヒーやカフェオレ、カプチーノなどを飲むことができる。オレンジジュースやコーラ、お茶、水などのペットボトル飲料も頂くことが可能だ。

ザ・フライング・ダイナソーの無料ドリンク

東京ディズニーリゾートのように、子どもが遊べるスペースはないが、ラウンジのオープン直後のためか、利用者は少ない。

通常は、アトラクション利用後にJCBラウンジに戻ることはできないが、午前中の利用者はいないとのことで、搭乗後にも少し利用させてもらうことができた。このあたりは東京ディズニーリゾートよりも臨機応変な対応だ。

ザ・フライング・ダイナソーに待ち時間なしで乗れる「優先搭乗サービス」とは?

ザ・フライング・ダイナソーの待ち時間ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーリゾートのラウンジチケットの目玉はアトラクション優先搭乗だろう。ラウンジで休憩後に優先的にアトラクションを利用できるサービスだ。エクスプレス・パスやファストパスよりも早く利用できるため、これらのアトラクションのエクスプレス・パスやファストパスは必要ない。

この日は雨だったにも関わらず、USJのアプリでザ・フライング・ダイナソーの待ち時間を確認すると210分と表示が出た。3時間30分待ちということだ。

ラウンジを出ると、エレベーターがあり、2階に行くと、アトラクションの搭乗口となる。人数調整は事前にすまされているため、2階に上がれば直ぐに搭乗可能となる。

ザ・フライング・ダイナソーを利用できるクレジットカードは?

JCBラウンジを利用できるクレジットカードは「JCBザ・クラス」「ANA JCBカード プレミアム」「JAL・JCBカード プラチナ」「セディナプラチナカード(JCB)」「プラチナローズカードJCB」など、JCBのプラチナカード以上のクレジットカードとなり、JCBゴールド ザ・プレミアは対象外だ。

JAL・JCBカード プラチナ、ANA JCBカード プレミアムはインビテーション無しで申し込めるため、ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ特典をすぐに利用したい場合は、これらのカードがおススメだ。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの予約方法は?

JCBラウンジ招待券を事前に請求する必要がある。JCBザ・クラスの場合は、ザ・クラス・メンバーズデスクに電話する。

招待券が届いたら、後ろに書かれている電話番号に電話し、直接予約を行う。利用予定日の1ヶ月前から前日まで予約することが可能だ。

ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ利用時間は、平日10:00~12:00、13:00~17:00まで、土日祝は10:00~12:00、13:00~19:00までとなる。

1枚につき4名までと記載があり、0歳でも1名とカウントされるが、5名以上でも予約可能な場合が多い。数人増える分には予約できるため、予約時に確認すると良いだろう。

JCBザ・クラスは、東京ディズニーランド東京ディズニーシーのJCBラウンジ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジ、京都駅にあるJCBラウンジなど、様々なラウンジを利用できるのが特徴だ。

JCBゴールドカードを保有し、毎年100万円程度利用する。2年間100万円以上利用すると、JCBゴールド ザ・ プレミアのインビテーションが届き、さらに使っているとJCBザ・クラスのインビテーションが届くだろう。

ザ・クラスはコンシェルジュデスクの質も高く、プラチナカード・ブラックカードとしてはおススメの1枚だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 457

© 2013 ポイ探

Scroll to top