You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 純金でできたクレジットカードにダイヤモンドや真珠が埋め込まれた「Visa Infinite Exclusive」とは?

純金でできたクレジットカードにダイヤモンドや真珠が埋め込まれた「Visa Infinite Exclusive」とは?

純金でできたクレジットカードにダイヤモンドや真珠が埋め込まれた「Visa Infinite Exclusive」とは?

前々回は日本には存在しないWORLD ELITEのブラックカード前回はダイヤモンドが埋め込まれたブラックカード「Royale Card」を紹介した。

純金のクレジットカードにダイヤモンドや真珠が埋め込まれた「Visa Infinite Exclusive」とは?今回は、カード自体が純金で作られ、ダイヤモンドや真珠が埋め込まれたクレジットカード「Visa Infinite Exclusive」を紹介したい。

カードを発行しているのはカザフスタンのズベルバンク。カードの表には「VISA INFINITE」の表記があるため、Visaの最高峰「Visa Infinite」カードとなる。日本で発行されているVisa Infiniteはスルガ銀行のSURUGA Visa インフィニットのみだ。

Visa Infinite Exclusiveはコンシェルジュデスクを利用でき、プライオリティ・パスやホテルやレンタカーの割引特典、4,000万KZTの保険が付帯する。4,000万KZTは約$110,041.3となるため、約1,262万円程度となる。正直、付帯サービスとしてはそれほど豪華なものではない。

さらにモンブランのケースとiPhone 5がプレゼントされる。純金のクレジットカード、26個のダイヤモンドが付いているカードに比べると、iPhone等はそれに付いてくる「おもちゃ」レベルの特典だろう。

年会費などを記載しているサイトもあるが、一次情報は確認できなかったため、ここでは取得コストなどについては紹介しない。

画像を見てもわかるが、磁気もICも搭載されていないため、クレジットカードとして機能するのかどうかも不明だ。ただし、プラスチックカードも同時に発行されるため、通常使いはプラスチックカードとなるだろう。

本物を見ることはないと思われるため、実物のカードが紹介されている動画を貼っておく。カードの回転時にダイヤモンドがキラキラとかがやく様子も見ることが可能だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 329

© 2013 ポイ探

Scroll to top