You Are Here: Home » コラム » Diners Club INTERNATIONALのロゴが微妙に変わっている

Diners Club INTERNATIONALのロゴが微妙に変わっている

Diners Club INTERNATIONALのロゴが微妙に変わっている

古いダイナースクラブカードと新しいダイナースクラブカードを見比べていたら、ロゴが変わっていることに気がついた。

初代のロゴと2代目のロゴは大きく異なるため、すぐに気がつくはずだ。色は濃い青から薄い青に変わり、フォントも異なる。InternationalとINTERNATIONALの違いもあるため、間違い探しとしては初級だろう。

初代ロゴ 2代目ロゴ 現在ロゴ
初代Diners Club Internationalのロゴ 2代目のDiners Club INTERNATIONALのロゴ diners-3
初代Diners Club Internationalロゴ 2代目Diners Club INTERNATIONALロゴ 現在のDiners Club INTERNATIONALのロゴ

では、2代目と現在のロゴはどこが違うのだろうか? フォントも同じで色も同じ。違いは、円の影なのか円柱のように見える箇所が短くなっている(青の面積が小さくなっている)ところだ。

現在のロゴは、シティカードから三井住友トラストクラブに変わったタイミングで変更されたのだろうと思っていたが、2015年7月に発行されたカードは現在のロゴとなっている。つまり、それ以前から現在のロゴが使われているということだ。

ちなみに、2014年10月に発行されたカードは2代目のロゴとなっているため、2014年10月から2015年7月の間に変更されたのだろう。

もう少し調べるため、eステートメントのロゴを確認した。それによると、2015年1月20日発行のものは2代目ロゴ、2015年2月22日発行のものは現在のロゴになっているため、その頃にロゴが変更となったということだ。

初代のロゴから2代目のロゴに変更されるときにはロゴ変更のアナウンスがあったが、現在のロゴに変更される際にはアナウンスは無かったはずだ。ちょうど、2015年2月頃にシティカードの売却の話が出ていた頃であり、何らかの理由で影の部分なのか円柱部分が短くなったのだろう。

ロゴを変更した理由は不明だが、このまま行くと3次元っぽいロゴが2次元のロゴになってしまうのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 355

© 2013 ポイ探

Scroll to top